« ジュニオール・サントスの移籍交渉 | トップページ | U-17日本代表のパラグアイ遠征 »

2023/01/01

新年を迎えるにあたって

明けましておめでとうございます。今年もサンフレッチェ広島とSANFRECCE Diaryをよろしくお願いします。
 昨年はスキッベ監督が来日できなかった影響もあって、第5節まで勝ちがなく17位にまで落ちたサンフレッチェでしたが、しかしその後は内容を伴った素晴らしい戦いでリーグ戦は3位でフィニッシュ。また天皇杯は準優勝に終わったもののYBCルヴァンカップは初めての優勝を果たして、7年ぶりにタイトルを獲得すると言うエポックメイキングな年となりました。前線からの激しいプレッシャーで相手の自由を奪い、即時奪回からゴールを狙うと言う攻撃サッカーを構築したスキッベ監督ですが、しかし彼のチーム作りはまだ始まったばかり。今年は「魅力的で攻撃的なサッカー」を進化させるために、初めてキャンプから選手とチームを鍛えることになります。実績のある選手が複数移籍してしまったものの、チームの根幹を支える選手全員が残留した今季のサンフレッチェ。ここに若手選手と新加入選手が実力を上げ、チームの幹を太くするだけでなく枝葉を繁らせることができるなら、新たな果実を実らせることもできるに違いありません。今年は1993年のJリーグ開幕以来30年にわたってサンフレッチェのホームスタジアムだった広島ビッグアーチの最後の年となりますが、まずはJ1残留を決め、そして未来に繋がるようなサッカーをして、来季の新スタジアム開幕を迎えて欲しいと思います。

|

« ジュニオール・サントスの移籍交渉 | トップページ | U-17日本代表のパラグアイ遠征 »