« 桐蔭横浜大が初V | トップページ | 今季の背番号 »

2023/01/05

外国籍選手4人との契約更新

サンフレッチェは昨日、ドウグラス・ヴィエイラ、エゼキエウ、ベン・カリファ、ピエロス・ソティリウの4外国籍選手との契約を更新した、と発表しました。中国新聞によると年俸はいずれも5,500万円で、エゼキエウは1,500万円増で他の3人は500万円増だとのこと。一方ボタフォゴFRへの期限付き移籍期間が終了したジュニオール・サントスは、ブラジル国内や中東のクラブとの移籍交渉を進めている、とのことです。
 この結果、サンフレッチェに昨年在籍していた選手全員の契約更新、あるいは移籍が決まったことになります。中国新聞の情報を総合すると、選手年俸の総和は8億6860万円。昨シーズンと比べると8,000万円増で、8億円越えはここ数年で初めてとなります。ただ、Jリーグが発表した2021年の人件費総額は18.8億円でこの倍以上の額となっているところをみると、これに出場給や勝利給が加わったものが総人件費になるものと思われます。昨年は賞金で4億円を稼いだサンフレッチェ。今年はよりいっそう攻めの姿勢で、エディオンスタジアム広島での最後のシーズンを乗り切って欲しいと思います。

|

« 桐蔭横浜大が初V | トップページ | 今季の背番号 »