« 紫熊倶楽部12月号 | トップページ | 外国人選手4人と残留交渉 »

2022/11/18

日本代表カナダ戦

日本代表は昨日UAEでカナダとの強化試合を行い、1-2で敗れました。日本代表のメンバーは、GK:権田、DF:酒井(→山根HT)、谷口、板倉(→長友67分)、伊藤、MF:相馬、柴崎、田中(→鎌田67分)、南野(→吉田85分)、久保(→堂安HT)、FW:浅野(→上田HT)。前半8分に柴崎のロングパスに飛び出した相馬がGKの鼻先でコースを変えて先制点を奪いましたが、前半21分にCKのこぼれを押し込まれて同点に追いつかれます。そして後半アディショナルタイムに山根がペナルティエリア内でのタックルを引っかけてPKを与えてしまい、チップキックで蹴られたPKに権田は触ったもののかき出し切れずに失点。本番前の最後の試合を逆転負けで終えることになりました。36年ぶりにワールドカップに出場するカナダに対して主導権を握れず、不用意なファウルで敗れてしまった日本代表でしたが、しかし守田、遠藤、三苫がメンバーにも入らず、また冨安と伊東が出場を回避する中で戦えたことで、本大会に向けて良い準備ができたと言えるのでは?特に怪我から復帰したばかりの浅野が元気にプレーしていたことや、柴崎が良いパスを連発していたことなど収穫も多かったように思います。Jリーグ終了後で、かつヨーロッパはリーグ戦の真っ最中と言う、これまでとは全く違う条件下で行われるカタールW杯。選手の力だけでなく、サポートも含めたチーム全体の力が問われることになりそうです。

|

« 紫熊倶楽部12月号 | トップページ | 外国人選手4人と残留交渉 »