« 高円宮杯PLウェスト第15節大津高戦 | トップページ | 福岡戦に向けて »

2022/09/23

WEリーグカップ第5節千葉戦

20日にホームで行われたWEリーグカップ第5節ジェフユナイテッド市原・千葉レディース戦は、後半終了間際の谷口の同点ゴールで何とか敗戦を免れたものの、1試合を残して3位以下が確定しました。
 レジーナは上野と塩田が今季初めて先発して、以下の布陣で戦いました。
       福元

松原優  左山  塩田   木崎
(→齋原68分)
       小川(→増矢78分)

  上野        柳瀬

川島            中島(→瀧澤90+1分)
(→島袋68分)
       谷口

SUB:藤田、近賀、立花
 対する千葉は、GK:清水(→程73分)、DF:大熊、石田、市瀬、MF:田中、今井、岸川、蓮輪(→広瀬73分)、鴨川、大澤(→大滝86分)、FW:千葉、と言うメンバーでした。千葉レディースの先制点は前半23分で、右サイドを抜け出した千葉のマイナスのパスを鴨川に決められてしまいました。その後もなかなかペースを掴めなかったそうで、35分にはスルーパスから決定的なシュートを打たれましたがGKが抑えます。対するレジーナも41分に上野がミドルを放ったものの枠を捉えることができず、千葉の1点リードで前半を折り返しました。後半は中島のドリブルからチャンスを作り、中嶋や木崎のシュートなどで千葉ゴールに迫ります。そして増矢の投入からはっきりと流れが変わり、後半アディショナルタイムに木崎のドリブルからのパスを受けた谷口が反転シュートを決め、試合を引き分けに持ち込みました。試合後に中村監督はハーフタイムに「チームを立ち上げてから一番中身のない、ピッチに立つ資格のない試合をしている、という話をした」と語っています。前半は対策を立ててきた相手に対して「自分たちでボールを呼び込み、出口を見つけてプレーしよう」と言う気持ちが強過ぎて消極的になってしまった様子です。しかし後半は立て直して「本来の姿を見せてくれた」とのこと。特に1年ぶりに公式戦のピッチに立った増矢が好プレーを見せたそうで、その中で同点ゴールも生まれています。WEリーグカップの決勝進出はなりませんでしたが、リーグ戦に向けていろいろと収穫のあった試合だった、とは言えそうです。

サンフレッチェ広島公式サイト
WEリーグ公式サイト
試合動画

|

« 高円宮杯PLウェスト第15節大津高戦 | トップページ | 福岡戦に向けて »