« 今日の福岡戦 | トップページ | 高円宮杯PLウェスト第15節大津高戦 »

2022/09/22

ルヴァン杯準決勝福岡戦1st leg

昨日アウェイで行われたルヴァンカップ準決勝福岡戦1st legは、3点リードから2点返されたもののそのまま逃げ切って勝利しました。
 スキッベ監督は名古屋戦から先発2人を入れ替えて、以下のメンバーを送り出しました。
       大迫

  塩谷   荒木  佐々木

    野津田  川村(→松本泰75分)

野上             柏
(→住吉88分)
   満田     森島(→柴崎81分)

     Dヴィエイラ(→Bカリファ81分)

SUB:川浪、藤井、エゼキエウ
 対する福岡はリーグ戦から先発8人を入れ替えて、GK:村上、DF:熊本(→前嶋HT)、ドウグラス・グローリ(→宮HT)、三國、MF:クルークス、田邉、平塚(→前57分)、輪湖、FW:ファンマ、北島(→ルキアン57分)、ジョン・マリ(→渡70分)、と言うメンバーでした。立ち上がりから広島がペースをつかみ、ファーストシュートは前半6分にドウグラス・ヴィエイラが放ちます。また17分には高い位置での守備から波状攻撃を仕掛け、その後も福岡ゴールに攻め込み続けます。そして前半22分、満田の斜めのクロスを荒木が落とすと、ここに飛び込んだ川村がヘッドで押し込んで先制点を奪いました。
 その後も広島が速いプレスで福岡を押し込みチャンスを与えません。福岡はロングボールで打開を図るものの広島守備陣が跳ね返し、前半の福岡のシュートをゼロに抑えて1点リードでハーフタイムを迎えました。
 福岡は後半から2人を入れ替えて流れを変えようとしてきますが、しかし後半開始早々に満田が相手のパスを奪ってカウンターを仕掛けるなど広島ペースが続きます。そして後半2分、即時奪回から得たFKを野津田が蹴ると、これを塩谷がヘッドで叩き込んで2点目を奪います。更に後半9分には素早いトランジションから柏がドリブルからのパス。これはDFに引っかかったもののこぼれ球を3列目から上がっていた川村が左足で突き刺して、リードを3点に広げました。
 点を取らなければならない福岡は、後半12分には3枚目と4枚目のカードを切って打開を図ります。そして後半15分にはCKにルキアンが合わせてファーストシュートを放つと、徐々に広島陣内に進入するシーンが増えます。そして前半26分、ルキアンのパスで抜け出したフアンマが大迫の頭の上を越えるシュートを沈め、広島のリードは2点になりました。
 これで勢いの出た福岡は、外国人選手のフィジカルを生かした攻撃で広島陣内に攻め込みます。後半32分にはロングパスに反応したクルークスが抜け出しを狙いましたがDFがクリア。33分のルキアンのミドルは枠外に外れ、続くミドルは大迫が倒れ込みながらキャッチ。広島も30分に野上、43分に松本泰が狙いましたが追加点は奪えません。アディショナルタイム2分のルキアンのシュートは枠外に外れて助かったものの、その1分後に後方からのロングフィードを繋がれてクロスをフアンマに押し込まれて広島のリードは2点に縮まります。しかし最後の福岡のロングボールは大迫がしっかりと抑えて、試合終了の笛が吹かれました。
 この試合の広島は少なくとも60分間は、高い位置からのプレスと縦に速い攻撃でほぼ一方的に試合を進めました。その中で特に素晴らしかったのは2ゴールを決めた川村。試合後に「何か本当に得点できそうな匂いと言うか、そう言うのがあったんで、信じて飛び込みました...2得点目も本当にあそこにこぼれてくるって信じていた」(モバイルサイトによる)と語っていますが、愛媛時代に磨いた得点感覚と、そして清水戦、名古屋戦で3ゴールを決めて得た自信がこの結果に繋がったのだと思います。今季は満田、野津田、松本泰ら若手の成長がチームに活力を与えていますが、「速く、強く、うまい。すべてがそろっている」(スキッベ監督)川村の成長が、チーム全体の成長を加速させているのは間違いありません。
 ただその一方で、終盤福岡に2点取られてしまったことは反省しなければなりません。スキッベ監督は「アビスパのフィジカルを前面に出してきたロングボールの展開に苦しめられた」と語っていますが、2失点の原因はそれだけではないと思います。前線に並んだルキアン、フアンマ、クルークスを警戒するあまりラインが下ってしまい、前からのプレスがかからなくなって、福岡に自由に蹴らせてしまったのがまずかったのではないでしょうか。スキッベ監督が言うように「自分たちのサッカーをもう1回やることを徹底」するならば、相手がどのような戦い方をしてきても対抗できるはず。日曜日の2nd legは0-1や1-2の負けでも勝ち抜けると言う有利な立場で戦えますが、改めて自分たちがやるべきことに立ち戻って、90分間積極的なサッカーを貫いて勝って決勝進出を決めて欲しいと思います。

広島公式サイト  福岡公式サイト
Jリーグ公式サイト試合データ
ゲキサカ  戦評
日刊スポーツ  スコア詳細  スキッベ監督  長谷部監督
サッカーダイジェストWeb  戦評

|

« 今日の福岡戦 | トップページ | 高円宮杯PLウェスト第15節大津高戦 »