« 今日の浦和戦 | トップページ | 高円宮杯PL第7節清水戦は中止 »

2022/05/14

第13節浦和戦

昨日アウェイで行われたJ1リーグ戦第13節浦和戦は、両GKの好守が光りスコアレスドローに終わりました。
 サンフレッチェの先発メンバーは前節と同じで、以下の布陣で戦いました。
       大迫

  塩谷   荒木  佐々木

       野津田

藤井             柏

    森島    満田(→浅野84分)
    (→柴崎84分)
  Bカリファ  Jサントス(→永井90分)
  (→松本泰HT)

SUB:川浪、野上、東
 対する浦和は、GK:西川、DF:馬渡、岩波、ショルツ、明本、MF:モーベルグ、伊藤(→柴戸74分)、平野、関根(→江坂60分)、FW:小泉(→松尾74分)、シャルク(→ユンカー60分)、と言うメンバーでした。ファーストシュートは2分にシャルクでしたが、広島も3分に満田が遠目からシュート。また7分にも満田がシュートしましたが岩波の顔面を直撃します。前半13分には馬渡のFKがそのままゴールネットを揺らしましたが、オンフィールドレビューで岩波がオフサイドポジションで関与したと見なされ取り消しになります。これで気を取り直した広島は、18分にはジュニオール・サントスが、19分にはベン・カリファがシュート。また22分には野津田がミドルシュートを放ったものの西川が反応します。前半24分にはCKのこぼれを塩谷が打ったものの大きく外れ、続いて26分には満田が左足を振り抜きましたがボールはポストに弾かれます。浦和は低い位置からのパス回しで広島のプレスをかい潜ると、遠目からシュートを打ってきますが大迫が落ち着いて対応します。前半41分には藤井のクロスをジュニオール・サントスが狙いましたがDFに当たり、こぼれをゴール枠に飛ばしたものの西川が好反応で弾きます。前半は広島が縦に速い攻撃から、浦和はピッチをワイドに使ったパス回しから、とそれぞれ持ち味を見せたものの得点には至らず、スコアレスでハーフタイムを迎えました。
 スキッベ監督は後半開始から松本泰を投入し、中盤を厚くして攻勢をかけます。そして1分にはジュニオール・サントスがペナルティエリア内でキープしつつシュートしましたがクリア。5分と9分にもジュニオール・サントスが狭いところからシュートに持ち込みますが決めることができません。逆に後半9分には素早いリスタートから抜け出したモーベルグが打ってきたものの大迫が冷静に防ぎます。21分には満田が、23分には松本泰が狙いましたが西川が立ちはだかり、33分にはオーバーラップした松本泰のクロスに柏が飛び込みましたが枠を外してしまいます。後半の後半には浦和に攻め込まれるシーンが増えて、26分のユンカーのシュートも28分の馬渡のシュートも大迫がナイスセーブ。また36分の松尾のシュートも大迫が弾きます。広島は終盤に波状攻撃を見せたものの浦和の堅い守備を崩すことができずに、そのまま勝ち点1ずつを分け合うことになりました。
 前節はジュニオール・サントス、ベン・カリファのツートップと野津田をアンカーに起用することで鹿島を圧倒した広島でしたが、この日はやや勝手が違いました。低い位置からのパス回しに長ける浦和にはなかなか高い位置からのプレスがかからず、アンカーの横のスペースを使われてゴール前への侵入を許すことが多かったように思います。浦和のリカルド・ロドリゲス監督は試合後に「前半はすごく良かったと思います。コンビネーションでの崩しもあり、相手のプレスをはがすことができた」と語っていますが確かにその通り。アタッキング・サードの質が高くなかったことでシュート数(浦和の前半のシュートは5本)ほどは危ない感じはなかったのですが、それでも全体的には浦和の思い描いていた通りの試合だったと言えるでしょう。それに対してスキッベ監督は後半から松本泰を投入。「ナスがイエローカードをもらっていた」ことを理由に挙げていましたが、それよりも後ろを厚くすることによりシャドウの位置を上げてプレス強度を高めることが目的だったものと思われます。そしてそれは成功して、後半途中まではほぼ一方的に押し込んでチャンスを何度も作りました。ここで西川の牙城を崩すことができれば、試合を勝利に持って行くことができたのではないでしょうか。後半の後半に押し返されたことを監督は「疲れではない...相手のクオリティーもあったので、ゲームを支配できない時間帯もあった」と語っていますが、そのへんの駆け引きも含めて、試合全体としては質の高い好ゲームだった、と言って良さそう。勝ち点は1にとどまったものの、学ぶところの多いアウェイゲームだった、と言えるかも知れません。

ブログ速報  前半  後半
広島公式サイト  浦和公式サイト
Jリーグ公式サイト試合データ
ゲキサカ  戦評  広島の試合後の円陣  馬渡  大迫  満田  抗議の横断幕
日刊スポーツ  スコア詳細  スキッベ監督  浦和  馬渡"幻のゴール"
サッカーダイジェストWeb  戦評
Football LAB

|

« 今日の浦和戦 | トップページ | 高円宮杯PL第7節清水戦は中止 »