« 今日の鹿島戦 | トップページ | WEリーグ第20節埼玉戦 »

2022/05/08

第12節鹿島戦

昨日ホームで行われたJ1リーグ戦第12節鹿島戦は柏の2ゴールなどで3-0で勝ち、7クラブ目のJ1リーグ戦400勝を達成しました。
 ベン・カリファが加入後初先発。また初めて2トップを採用して、以下の布陣で戦いました。
       大迫

  塩谷   荒木  佐々木

       野津田(→松本泰HT)

    森島    満田(→浅野90+3分)

藤井             柏(→東90分)

  Bカリファ  Jサントス(→柴崎82分)
  (→永井82分)

SUB:林、野上
 対する鹿島は前節と同じで、GK:クォン・スンテ、DF:常本(→広瀬HT)、関川(→キム・ミンテ71分)、三竿、安西、MF:樋口(→ファン・アラーノ71分)、和泉、松村(→ピトゥカHT)、アルトゥール・カイキ、FW:上田(→染野86分)、鈴木、と言うメンバーでした。立ち上がりは両者互角の展開。広島は5分にジュニオール・サントスがファーストシュートを打つと、鹿島も8分に鈴木の落としを松村に打たれましたがサイドネットへ行って助かります。続いて藤井のクロスに佐々木がドンピシャで合わせましたが常本が顔面ブロック。9分には松村が抜け出してシュートしましたが塩谷が防ぎます。その後は広島がポゼッションを高めて優位に進め、17分にはCKに荒木が合わせましたがGKの正面を突き、19分にはベン・カリファから森島に繋いで満田が狙いましたが惜しくも枠を外れます。満田は33分にも強烈なミドルを放ったもののGKの好セーブに防がれ、続くCKに佐々木が合わせましたが枠外に外れます。そして後半37分、右サイドで粘ったベン・カリファのパスを受けたジュニオール・サントスがドリブルで突進。これをDFに潰されたもののフォローしていた満田がワンタッチで流し、ここに走り込んだ柏が左足で決めて広島が先制点を奪いました。
 鹿島は後半の頭から2人を交代して流れを変えようとします。しかし広島は相手にペースを渡さず、9分にはCKにベン・カリファが頭で合わせ、10分にもベン・カリファが柏のクロスに合わせましたがわずかに枠外に外れます。そして後半17分、佐々木のクサビのパスをジュニオール・サントスが収めると満田にスイッチ。満田はフェイントでDFの体勢を崩すと股の間を通したシュートを突き刺して、2点目を奪いました。
 何とか点を返したい鹿島はDFラインにピトゥカを落として打開を図ります。しかし広島は高い位置でボールを奪いに行って、更なる追加点を狙います。後半28分には松本泰が奪ったボールをジュニオール・サントスが打ちましたがわずかに外。逆に29分と31分には危ないシーンを作られますが守備陣が集中して守ります。そして後半33分、藤井の突破からのクロスをジュニオール・サントスがシュート。これはクォン・スンテが何とか弾いたものの、詰めていた柏がゴールネット上部に突き刺してリードを3点に広げます。その後も鹿島の攻撃を寸断してチャンスすら作らせず、最後の染野のシュートも大迫ががっちりと胸に収めて勝利のホイッスルとなりました。
 リーグ戦3連勝の後は2分け1敗。しかもその3試合とも2失点しているということで、必要なのは守備の修正かと思っていました。ところがスキッベ監督が採った策は、DF(野上)を1人減らしてFW(ベン・カリファ)を増やすこと。しかも「全然練習していなかった」(塩谷のインタビューによる)と言う布陣をいきなり使ってきました。前線の選手がプレスのスイッチを入れるところから始まるスキッベ監督の戦術の中で、ジュニオール・サントスがややフィットしていなかったのは確かだと思いますが、そこでベン・カリファに代えるのではなく、横にベン・カリファを入れることによって両方を生かすことにしたわけです。そしてそれによって高い位置からのプレッシングが機能して相手にほとんど決定機を与えず零封しただけでなく、ジュニオール・サントスが3ゴールに絡む活躍を見せたわけですから、まさに驚くべき采配だったと言えます。試合日の朝に突然4人が離脱したことにより東をボランチに起用した福岡戦も同様でしたが、監督の選手とチームを見る目の確かさと、そしてそれを機能させるためにしっかりと練習してきたことが、改めて分かった試合だったと言えるのではないでしょうか。
 そして何よりも大きな収穫は、首位を独走しつつあった鹿島に対してほぼ完勝と言える勝利を挙げたことだ、と言えると思います。横浜FMに勝ったときと同様に、今の広島のサッカーが機能すればどのチームに対してでも良い試合ができるし、また勝つことができます。選手たちには自分たちとチームを信じて、更に上を目指して練習に取り組み、また試合に臨んで欲しいと思います。

ブログ速報  前半  後半
広島公式サイト  鹿島公式サイト
Jリーグ公式サイト試合データ
ゲキサカ  戦評
日刊スポーツ  スコア詳細  戦評    J1通算400勝達成  鹿島
サッカーダイジェストWeb  広島の先制弾に脚光  首位鹿島が適地で惨敗
Football LAB

|

« 今日の鹿島戦 | トップページ | WEリーグ第20節埼玉戦 »