« 今日の湘南戦 | トップページ | 高円宮杯PLウェスト第1節磐田戦 »

2022/04/03

第6節湘南戦

昨日アウェイで行われたJ1リーグ戦第6節湘南戦は、今季のリーグ戦初勝利を挙げて13位に浮上しました。
 大迫がリーグ戦初先発。また永井を4試合ぶりに先発起用して、以下の布陣で戦いました。
       大迫

  野上   荒木  佐々木

     塩谷 野津田(→青山90分)

藤井            満田(→東79分)

   浅野      森島(→住吉90分)
   (→柴崎71分)
       永井(→Jサントス71分)

SUB:川浪、柏
 対する湘南は前節から5人入れ替えて、GK:谷、DF:福島、大岩、山本(→大野86分)、MF:古林(→松村86分)、茨田、米本、石原、FW:大橋、タリク(→若月88分)、鈴木章(→山田63分)、と言うメンバーでした。立ち上がりから積極的に攻めに出る広島。10分には浅野の仕掛けからのこぼれを野津田が遠目から狙います。12分には中盤で森島が奪われ速攻から大橋にシュートを打たれ、その後も相手のハイプレスになかなか攻めに出ることができません。しかし20分過ぎから流れが良くなり、21分には森島のパスを受けた藤井が強烈なシュートを放ったもののGKが反応。30分には大迫のロングパスを収めた森島がシュートを放ったものの枠外に外れ、31分には高い位置でのボールカットから塩谷が打ったミドルは枠外を捉えることができず。また32分には永井の仕掛けから藤井のシュートを導きましたがブロックされます。湘南も前半39分、FKから大岩が折り返したものの枠外に外れ、41分にはカウンターから古林がクロス。42分には茨田にFKから狙われましたが大迫が弾いて、両者スコアレスでハーフタイムを迎えました。
 後半立ち上がりは湘南の勢いに押され、10分には大橋に抜け出されてシュートを打たれたものの枠外。12分にはCKから鈴木章と古林に狙われましたが集中して跳ね返します。そして後半14分、藤井が単独突破してマイナス気味のクロスを入れると、逆サイドから入ってきた満田が冷静に決めて広島が先制点を奪いました。
 その後湘南は山田を投入し、タリクを前に上げて得点を取りに来ます。しかし広島も前線の選手を入れ替えて追加点を狙いにいきます。そして38分には塩谷がボールを奪ってドリブルからのヒールパスを東が打ったもののDFがブロック。39分にはカウンターからジュニオール・サントスが突破を試みましたがシュートまで行けません。終盤には茨田、住吉がそれぞれ決定的なシュートを放ったもののいずれも枠を捉えることができず、広島が1点リードを守って初勝利を挙げました。
 試合後にスキッベ監督も振り返っているように、序盤は湘南のハイプレスを剥がすことができず、逆にボールを奪いに行っても取りきれずになかなかペースを掴めませんでした。そんな中で森島のボールロストから危ないシーンを作られましたが、しかしその他の時間帯は粘り強く戦って相手に得点を許しませんでした。前半の後半以降は素早い切り替えと中盤の守備で相手の攻撃を寸断するとともにチャンスも作り、良いリズムで試合を進めることができました。相手がコロナウィルス感染によってレギュラーの半分がいなかった、と言うのは正直大きかったとは思いますが、しかしそれでも難しい時間帯を凌いで1点差で勝利できたことは、チームとしての成長の結果だと言えるでしょう。途中出場の選手も含めて「スキッベサッカー」がチームに浸透してきたことが、この勝利の要因だったと言って間違いありません。
 ところで得点シーンですが、藤井がクロスを入れたところで永井がニアに飛び込んでDFを引っ張り、空けたスペースに満田が走り込むことによって得点につなげました。試合後に藤井が「逆が空くと想定していたので、試合前マコに『奥のところに走り込んでおいて』と話していた中でクロスを上げ」たと語り、満田は「『角度的にマイナス気味に来るかな』と思い、シュートまでの道筋が見えていたので...あとは当てるだけでした」と語っているように、クロスの出し手と受け手のイメージがシンクロした結果生まれたゴールでした。このところずっとクロスからシュートを決める、と言う練習を続けていたそうですが、その成果が出たと言えるでしょう。
 中国新聞によるとスキッベ監督は来日後初めての勝利ということで「ほっとした気持ちと、嬉しい気持ちがある。ここまでの道のりは長かった」と感慨深げに振り返っていたそうです。リモートでの指揮を執っていた間はリーグ戦は3引き分け、ルヴァンカップは2勝とある程度の結果を出していたのに対して、来日後は1分け3敗。内容的には良くなっていたとは言え結果が出ていなかったと言うことで、監督も選手も苦しい思いを抱いていたに違いありません。この試合で得たのは勝ち点3に過ぎませんが、「スキッベ広島」にとっては大きな勝利。少なくともこれまでやってきたことに自信を持って、更に上を目指すためのスタートを切ることができるのではないでしょうか。

ブログ速報  前半  後半
広島公式サイト  湘南公式サイト
Jリーグ公式サイト試合データ
日刊スポーツ  スコア詳細
Football LAB

|

« 今日の湘南戦 | トップページ | 高円宮杯PLウェスト第1節磐田戦 »