« 今日の清水戦 | トップページ | WEリーグ第19節神戸戦 »

2022/04/30

第10節清水戦

昨日アウェイで行われたJ1リーグ戦第10節清水戦は、2度勝ち越されたもののその度に追いついて引き分け。公式戦7戦無敗で4月を終えました。
 先発メンバーは磐田戦と同じで、以下の布陣で戦いました。
       大迫

  野上   荒木  佐々木

     松本泰  東(→野津田HT)
     (→塩谷HT)
藤井             柏

   森島      満田

      Jサントス(→ベン・カリファHT)

SUB:林、住吉、柴崎、永井
 対する清水は、GK:権田、DF:原、ヴァウド、鈴木義、山原、MF:宮本、ホナウド(→松岡69分)、白崎(→片山81分)、FW:中山(→ディサロ73分)、鈴木唯、チアゴ・サンタナ(→オ・セフン81分)、と言うメンバーでした。キックオフから攻勢に出たのは広島で、清水の前からのプレスを外して繋いで藤井が惜しいシュートを放ちます。また3分には松本泰のパスで満田が抜け出しましたがヴァウドが対応。12分には松本泰のクロスに柏がヘッドで合わせましたが枠を外れ、16分にはショートカウンターからジュニオール・サントスが決定的なシュートを放ちましたがわずかに左に外れます。それに対して清水も速いパス回しから攻め込んできて、6分には中山、15分にはホナウドに危ういシュートを打たれます。そして前半19分、山原の斜めのクロスをチアゴ・サンタナに決められて、先制点を許してしまいました。
 この後もお互いに攻め合う展開が続き、23分にはジュニオール・サントスがシュートを放ったものの権田がセーブし、こぼれを藤井がシュートしたもののブロック。逆に25分には権田からのフィードで飛び出したチアゴ・サンタナのクロスに中山が飛び込みましたが枠外に外れて助かります。35分には野上が遠めから狙ったものの枠外。37分にはショートカウンターからチアゴ・サンタナに打たれましたが枠外に外れ、40分にはジュニオール・サントスが狙いましたがGKの正面に行ってしまいます。前半はお互いに持ち味を見せつつ攻め合ったものの、清水の1点リードでハーフタイムを迎えました。
 スキッベ監督は後半の頭から塩谷、野津田、ベン・カリファを投入して流れを変えようとします。そして早速後半1分には、野津田のCKにベン・カリファがヘッドで合わせましたが枠外。2分には野津田、ベン・カリファ、満田のコンビネーションで崩そうとしましたがGKに押さえられます。続いて6分にはベン・カリファのポストプレーから野津田がシュートしましたが枠外。8分には野上のクロスをベン・カリファがバックヘッドで狙いましたが枠を捉えることができません。引いて守りを固める清水に対して、パスを回して守備のほころびを探す広島。そして後半22分のベン・カリファの決定的なヘッドは枠外に外れたものの、その直後に柏のクロスを森島がボレーで叩き込んでようやく同点に追いつきました。
 同点に追いつかれたということで清水も再び前からプレスをかけてくるようになって、24分には高い位置で奪われクロスを宮本がシュート。これはDFが弾いたもののチアゴ・サンタナに押し込まれて、再びリードを許します。しかし広島は諦めることなく攻め続け、30分にはCKのボールをベン・カリファが逸らして野上が叩きましたがバーを直撃。33分には満田が強烈なシュートを放ちましたが権田のファインセーブに防がれます。そして後半34分、CKからの佐々木のヘッドは権田に弾かれたもののこぼれを柏が押し込んで、広島が再び同点に追いつきました。
 この後はオープンな展開となって両チームともに勝ち越し点を奪いに行きます。38分には清水のカウンターからオ・セフンがミドルシュートを放ったものの大迫がセーブ。41分には野津田のクロスのクリアがゴール方向に飛びましたがバーに当たります。後半アディショナルタイムには藤井の突破からのクロスを逆サイドでトラップした柏がフリーでシュートしたものの枠外に外れて、試合終了のホイッスルとなりました。
 試合後にスキッベ監督は「前半では少し残念な戦いを見せてしまった」と語っていますが、確かに前半は清水の勢いに押されてなかなかペースを握ることができませんでした。特に前からの守備がはまらずなかなか良い形でボールを奪えず、清水の前線の選手に自由なプレーを許してしまいました。決定機の数で広島が少なかった、と言うことはないと思いますが、それでも清水が持ち味を出して広島がそれを上回ることができなかった、と言うのは確かだったと思います。
 それに対してスキッベ監督は、後半立ち上がりからボランチ2枚とワントップを入れ替える、と言う手を打ちました。そしてそれは結果としては正解で、高い位置からの守備と攻撃の組み立てが機能して相手を圧倒することができました。同点に追いつくまでは清水が守り固めた、と言うこともあったかも知れませんが、平岡監督が「後半、相手がより攻撃的というか、ワンボランチにしてきて、より前線の選手を厚めにしてきたときに、ちょっとうまくハマらないところが出てきました」と語ってきたことからも分かるように、広島がより攻撃的なサッカーにシフトしたことによって相手を押し込むことができたのは間違いありません。やはり相手がどうであろうとアグレッシブなサッカーをすることが、今年のサッカーで最も大切なことだと言うことが改めて明らかになったのではないかと思います。
 ところでこの試合では、チームに合流してすぐのベン・カリファが後半から出場しました。そしてゴールこそなかったものの立ち上がりから何度もチャンスに絡み、1点目のシーンではDF2人を引きつけることにより森島をフリーにしました。数日しか練習をしていない中でもこれだけのことができたのはスキッベ監督の戦術を良く知っているからだ、と言うのはもちろんあると思いますが、それ以上にいろいろな意味でクレバーな選手だからだったから、ではないかと思います。周りの選手とのコンビネーションが合ってくれば、きっともっと活躍してくれるに違いありません。コロナ感染からの復帰で久々の出場となった塩谷と野津田が素晴らしいプレーを見せてくれたことも含めて、チームにとっては勝ち点3以上の収穫のあった試合だった、と言えるかも知れません。

ブログ速報  前半  後半
広島公式サイト  清水公式サイト
Jリーグ公式サイト試合データ
ゲキサカ  戦評
日刊スポーツ  スコア詳細    チアゴ・サンタナ
サッカーダイジェストWeb  戦評
Football LAB

|

« 今日の清水戦 | トップページ | WEリーグ第19節神戸戦 »