« WEリーグ第18節大宮戦 | トップページ | 高円宮杯PLウェスト第4節大津高戦 »

2022/04/26

ベン・カリファ獲得を発表

サンフレッチェは昨日、ナッシム・ベン・カリファ選手を完全移籍で獲得した、と発表しました。チュニジアにルーツを持ち、スイスで生まれ育ったベン・カリファは、U-15から各年代でスイス代表に選ばれていて、2009年のU-17W杯ではスイスを初優勝に導き大会の準MVPに選ばれました。そして翌年にはA代表にも選出されてFIFAワールドカップ南アフリカ2010の予備登録メンバーに入っていたものの、最終メンバーには残れませんでした。一方プロとしてのキャリアは、2008年にスイス1部のグラスホッパー・クラブ・チューリッヒのトップチームに昇格。2年間で28試合に出場して11得点を挙げる実績を残し、ドイツ・ブンデスリーガのヴォフルスブルクに4年契約で移籍しました。しかしヴォフルスブルクではセカンドチームでの出場にとどまり、翌年レンタルされたニュルンベルクでも1試合に出場に終わると、2011年からは主にスイスリーグでプレー。2020年にはチュニジア1部のエスペランス・スポルティーブ・ドゥ・チュニスに移籍したものの、昨年は2試合出場にとどまって3月に契約解除となっていました。ただ、スキッベ監督は2013年から15年のグラスホッパー監督時代にベン・カリファを指導したことがあり、2015年にはトルコのエスキシェヒルスポルにも呼んだことからも分かるように高く評価しているのだろうと思われます。中国新聞によると3月以降は母国でトレーニングを積んできており、既に来日して昨日は吉田サッカー公園で練習をして、今日にもチームに合流するとのことなので、試合に出場する日も近いかも知れません。

|

« WEリーグ第18節大宮戦 | トップページ | 高円宮杯PLウェスト第4節大津高戦 »