« 今日の名古屋戦 | トップページ | U-21代表候補に鮎川 »

2022/03/03

ルヴァン杯第2節名古屋戦

昨日のYBCルヴァンカップグループステージ第2節名古屋戦は、満田とジュニオール・サントスのゴールで今季のホーム初勝利を挙げました。
 札幌戦から塩谷、佐々木以外の9人を入れ替えて、以下のメンバーで戦いました。
       大迫

  塩谷   住吉  佐々木(→野上81分)

    川村    青山

茶島             東(→満田24分)
(→松本泰81分)
   エゼキエウ   仙波(→森島69分)
   (→柴崎69分)
     Dヴィエイラ(→Jサントス33分)

SUB:川浪
 対する名古屋は、GK:ランゲラック、DF:成瀬(→宮原60分)、中谷、チアゴ、吉田、MF:長澤(→レオ・シルバ60分)、稲垣、仙頭(→酒井HT)、FW:甲田(→相馬HT)、柿谷、マテウス(→齋藤79分)、と言うメンバーでした。ファーストシュートは2分に稲垣でしたが、その後は高い位置からのプレスが効いて広島がペースを握ります。そして9分には佐々木のパスから川村がシュートしましたがGKがセーブ。11分にはドウグラス・ヴィエイラが、15分にはエゼキエウが突破を狙いましたが止められます。その後19分には東、29分にはドウグラス・ヴィエイラが相次いで怪我のために退場し、満田とジュニオール・サントスが交代出場となりましたが広島のペースは落ちません。そして前半43分、高い位置でボールを奪った川村がすぐに前線に展開すると、これを足下で受けた満田がDFを抜ききらずにシュートを打ってゴール。広島はルーキーのプロ初ゴールで先制点を奪いました。
 後半から名古屋は酒井と相馬を投入して流れを変えようとしますが、広島はひるまず追加点を奪いに行きます。4分には満田が惜しいシュートを放ち、10分にはFKから住吉がシュート。続いて19分には高い位置で奪った川村がシュートしたもののGKにセーブされます。名古屋は相馬、齋藤の突破やマテウスのFKでゴールを狙ってくるものの、広島の守備陣の集中は切れません。終盤には茶島が痛んで交代しましたが、左WBに入った川村と右WBに回った満田が前への推進力を維持します。後半38分の満田、39分の柴崎とジュニオール・サントスの決定機は生かせなかったものの、後半41分、住吉のロングパスを受けた満田は吉田に奪われましたが、ジュニオール・サントスがランゲラックのトラップが流れたところに飛び込んでゴールに押し込み、貴重な追加点を奪います。そしてその後も前からのプレスを継続して名古屋にチャンスを与えず、今季初めてホームでの勝利をつかみました。
 シュート数は広島の10本に対して名古屋は5本だったものの、長谷川監督が試合後に「今日は完敗です」と語っているように、シュート数の数字以上に広島が内容的に圧倒した試合だったと言えます。広島は徳島戦と同様に試合全般を通じてオールコートプレスを敢行し、名古屋にコンビネーションを出させる隙を与えませんでした。そして得点はいずれも高い位置でのボールカットから。パス1本でシュートまで行った1点目と川村が奪ってから青山、住吉、松本泰、住吉、満田と繋いだ2点目とパターンは違うものの、いずれも川村のボールに向かって守備をする姿勢がきっかけでした。スキッベ監督が目指すサッカーがチームに浸透してきたことを示すアグレッシブな守備と攻撃が、この勝利を導いたと言えるでしょう。
 この中で特に高く評価すべきなのは、得点を奪った満田とジュニオール・サントスだったと思います。2人ともこの日はベンチスタートだったものの、東とドウグラス・ヴィエイラのアクシデントによって急きょ投入されました。特に満田は本来のポジションではなかったはずですが、しかしそれでもしっかりと試合に入って行って結果を出せたのは、普段の練習からこの試合に至る準備が良かったからに違いありません。他のFW陣に先を越されて焦る気持ちをぐっと抑え、ゴールという結果を出したことによって、大きな自信になったに違いありません。一方のジュニオール・サントスは、今季は体重を5kg絞ってキャンプに参加し、苦手な守備にも積極的に取り組んでこれまでも何度かチャンスを作ってきました。そしてその積み重ねが試合終了間際のGKへの強烈な詰めに繋がり、ゴールという結果を得ることができたわけですから、まさにこれまでやってきたことが実を結んだ、と言うところだと思います。この1点で掴んだ自信と確信が、今後のゴール量産に繋がって行く可能性もありそう。リーグ戦ではこれまで2引き分けと波に乗りきれていない広島ですが、ルヴァンカップで2連勝したことはきっとチームに勢いを与えるに違いありません。

ブログ速報  前半  後半
広島公式サイト  名古屋公式サイト
Jリーグ公式サイト試合データ
ゲキサカ  戦評
日刊スポーツ  スコア詳細
サッカーダイジェストWeb  C大阪、広島、湘南が2連勝

|

« 今日の名古屋戦 | トップページ | U-21代表候補に鮎川 »