« ドウグラス・ヴィエイラとエゼキエウが合流 | トップページ | クラブ創立30周年記念事業 »

2022/02/03

岡本知剛氏がスクールコーチに就任

サンフレッチェは一昨日、昨年限りで熊本で現役引退した岡本知剛氏がアカデミー普及部コーチ(スクールコーチ)に就任した、と発表しました。尾道生まれの岡本はサンフレッチェびんごジュニアユースからユースに昇格。1年生時からレギュラーをつかんでJユースカップ優勝や高円宮杯準優勝に貢献しました。またU-15から年代別代表に選ばれ、特に優勝したAFC U-17選手権2006では柿谷、水沼、山田直輝と共に大会公式サイトで「ファンタスティック・フォー」と称されるなど活躍しました。そして2008年には高校卒業を待たずにプロ契約を結び、J2最終節の徳島戦でプロデビューを飾りました。しかしその後はなかなか出場機会を掴めず2011年から2012年にかけて鳥栖に期限付き移籍。J1昇格と定着に貢献して2013年にはレンタルバックで戻ってきてACLの全試合に先発出場し、またほぼすべての試合でベンチ入りしたものの青山、森崎和の壁を破れずリーグ戦は6試合の出場にとどまります。そこで2014年には再びトスに期限付き移籍して主力として活躍したこともあって6月に完全移籍。その後湘南、松本を経て、昨年は14試合に出場して熊本のJ3優勝に貢献していました。広島で主力として活躍することが期待されながら果たせなかった岡本ですが、5チームを渡り歩きながらサッカーを続けてきた経験はきっと今後に生きるはず。広島のアカデミーで良い指導者になって欲しいと思います。
 なおサンフレッチェは同時にアカデミーのスタッフを発表し、神戸ユースの監督だった野田知氏と讃岐のU-15監督やU-18監督を務めてきた関原凌河氏が新たに加わることになりました。

サンフレッチェ広島公式サイト

|

« ドウグラス・ヴィエイラとエゼキエウが合流 | トップページ | クラブ創立30周年記念事業 »