« クラセンU-18名古屋戦 | トップページ | クラセンU-18東京V戦 »

2021/07/29

東京五輪GS第3節フランス戦

昨日行われた東京オリンピックの男子サッカーのグループステージ第3戦で、日本五輪代表はフランスに4-0で快勝して全勝でノックアウトステージ進出を決めました。日本のメンバーは、GK:谷、DF:酒井(→橋岡55分)、吉田、冨安、中山、MF:堂安(→相馬72分)、遠藤(→板倉72分)、田中(→前田80分)、旗手、久保(→三好HT)、FW:上田。ファーストシュートはフランスに打たれたものの、その後は日本がボールを握る時間帯が続きます。そして何度目かのチャンスをものにしたのは前半27分。田中の縦パスを受けた久保がDFラインの裏にパスを送ると、抜け出した上田が強烈なシュート。これはGKが弾いたものの素早くポジションをとった久保が左足で決めて、先制点を奪いました。続いて前半34分には久保の縦パスに反応した上田が抜け出してシュートすると、GKが弾いたボールを走り込んだ酒井が蹴り込んで、2点リードでハーフタイムを迎えました。後半はリードを生かしてコントロールしながら試合を進める日本。後半25分には旗手の横パスを三好が左足でシュートを決めてリードを広げると、後半アディショナルタイムには相馬のスルーパスに走り込んだ前田がグラウンダーのシュートを決めてダメを押しました。この結果A組首位で勝ち上がった日本は、準々決勝でB組2位のニュージーランドと対戦。これに勝つと準決勝はスペイン×コートジボアールの勝者と戦います。

|

« クラセンU-18名古屋戦 | トップページ | クラセンU-18東京V戦 »