« U-24代表ガーナ戦 | トップページ | 3バックで巻き返しへ »

2021/06/06

WEリーグPSM神戸戦

サンフレッチェ広島レジーナは昨日WEリーグプレシーズンマッチをINAC神戸レオネッサと戦い、0-1で敗れました。レジーナのメンバーは、GK:木稲、DF:松原志、左山、中村、木崎、MF:増矢、近賀(→70分)、柳瀬(→55分)、FW:立花(→64分)、上野(→55分)、中嶋。対する神戸は、GK:山下(→武仲77分)、DF:長江、西川、三宅、MF:坂口、天野、中島、成宮、伊藤、FW:高瀬(→菊池70分)、杉田、と言うメンバーでした。前半はレジーナが丁寧にパスをつないでチャンスを作り、決定機を作ったものの決めきれなかったとのこと。逆に後半は修正してきた神戸の攻勢に押し込まれ、19分にオウンゴールで先制点を与えてしまうと、その後は神戸の守りを破れずプレシーズンマッチ初めての敗戦となってしまいました。
 モバイルサイトによると試合後に中村監督は「相手の変化を見て自分たちから仕掛けてやって行く形は、3月のトレーニングマッチの時よりもできたと思います」と語っています。PSM全勝の神戸に対して広島は初の敗戦となったわけですが、手応えとともに課題をつかむ貴重な機会になったはず。今年初めのチーム立ち上げから半年経った「現在地」を確認し、今後に向けての課題を見つけたと言う意味で、貴重な機会になったのではないでしょうか。

公式記録
試合動画

 

|

« U-24代表ガーナ戦 | トップページ | 3バックで巻き返しへ »