« 塩谷がアル・アイン退団 | トップページ | W杯予選キルギス戦 »

2021/06/15

おこしやす京都戦に向けて

明日は天皇杯2回戦。サンフレッチェはホームにおこしやす京都ACを迎えます。
 2010年にアミティエSCとして関西サッカーリーグに参加し、2018年におこしやす京都ACにチーム名を変更してJリーグを目指しているこのチームは、2019年に関西リーグで3度目の優勝を遂げ「全社」でも準優勝したものの、全国地域サッカーチャンピオンズリーグ2019では3位に終わってJFL昇格を逃しています。昨年のリーグ戦は4位に終わったものの今季は6試合を消化して無敗で首位。また天皇杯の京都府予選を兼ねた「京都FAカップ2021」の決勝では延長戦の末にAS.Laranja Kyotoを下して、2年連続5回目の天皇杯本戦出場権を獲得しました。そして1回戦では関西リーグのライバルでもあるアルテリーヴォ和歌山と3点ずつ取りあう大接戦を演じ、PK戦に勝利して勝ち上がっています。J1クラブからすればカテゴリーが4つ下のチームですが、仙台、横浜FM、FC東京、甲府がいずれも都道府県代表に敗れるなどジャイアント・キリングが続出しているだけに、おこしやす京都も「一発」を狙って来るに違いありません。
 対するサンフレッチェですが、この試合の後すぐに柏戦があることから城福監督は「中2日は考慮に入れたい」(モバイルサイトによる)と語っています。ただ、柏戦の後はまた2週間空くことを考えると完全にターンオーバーする可能性は低そう。と言うことで、私はメンバーを次のように予想します。
       大迫

  野上   荒木  井林

     青山 ハイネル

       森島
藤井             東

   浅野   Jサントス

SUB:林、今津、茶島、柴崎、柏、エゼキエウ、鮎川
 昨年は新型コロナウイルス感染拡大の影響でレギュレーションが大きく変わり、予選で敗退した1971年から49年ぶりに天皇杯に参加できなかったサンフレッチェ。東洋工業時代の1969年以来の優勝を目指して、良いスタートを切って欲しいと思います。

|

« 塩谷がアル・アイン退団 | トップページ | W杯予選キルギス戦 »