« 今日の横浜FM戦 | トップページ | 井林全治3〜4週間 »

2021/03/08

第2節横浜FM戦

昨日アウェイで行われたJ1リーグ戦第2節横浜FM戦は、前半のうちに2点リードしたものの後半追いつかれ、2試合連続で引き分けに終わりました。
 前節からウィングの2人を入れ替え、以下のメンバーで戦いました。
       大迫

野上   荒木  佐々木   東
     (→茶島73分)
     青山  川辺
     (→柴崎73分)
藤井(→浅野56分)  エゼキエウ(→森島56分)
      Jサントス

     Dヴィエイラ(→鮎川7分)

SUB:大迫、柏
 対する横浜F・マリノスは、GK:オビ、DF:松原、チアゴ・マルチンス、畠中、ティーラトン、MF:扇原、岩田(→渡辺49分)、マルコス・ジュニオール(→水沼73分)、FW:仲川(→樺山73分)、オナイウ、前田(→エウベル81分)、と言うメンバーでした。開始早々に前田が突破して危ういシュートを打たれましたが、先制点を奪ったのは広島。前半11分、チアゴ・マルチンスからボールを奪ったエゼキエウがペナルティエリア内で倒されてPKを得ると、ジュニオール・サントスがGKの飛んだコースと逆に蹴って決めました。
 その後は横浜FMにボールを回されたものの粘り強く守り、20分にはCKのこぼれを藤井が狙いましたが枠外に外れます。前半26分にはジュニオール・サントスが倒されてFKを得ます。右サイドから青山が逆サイドに蹴り込むと、ここに走り込んだ佐々木が折り返し。これはクリアされたもののドウグラス・ヴィエイラが強烈なシュートを放つとGKが弾き、これを東が蹴り込んでリードを2点に広げました。
 その後は横浜FMの反撃を受けながらも大迫を中心に守りますが、前半33分、岩田のロングボールを荒木がクリアしきれず、カバーに入ろうとした野上も振り切られて1点差に迫られます。その後も岩田、扇原、畠中にシュートを狙われるなど危ないシーンが続きましたが、前半終了間際にFKから横浜ゴール前での混戦となり、いったんはクリアされたもののVARによる判定となります。ここで松原が大きく手を上げたところにボールが当たっていたことからPKの判定となって、ドウグラス・ヴィエイラがGKの手を弾く強烈なシュートを決めて前半を終えることになりました。
 後半早々にポステゴグルー監督は岩田に代わって渡辺を投入します。そしてその采配が当たったのはその5分後の後半8分。右からの渡辺のクロスを仲川は空振りしたものの、荒木を背負いながら中央で受けたオナイウが反転してシュートを決められてしまいます。更に後半21分には、左からの渡辺のクロスを前田にヘッドで押し込まれて同点に追いつかれてしまいました。
 この後は両チームともに勝ち越しを狙って攻め合います。24分には速攻から川辺のスルーパスをDFラインの裏で受けたジュニオール・サントスがシュートしましたがGKの正面。31分には樺山が強引に打ってきましたが野上の背中に当たります。35分には柴崎が強烈なミドルを放ちましたがGKに反応され、40分にはエウベルにシュートを打たれましたが枠外に外れて助かります。最終盤は横浜FMに何度もクロスを入れられましたが守備陣が凌ぎ、勝点1ずつを分け合うことになりました。
 試合後に城福監督は「先行するゲームだったので、逃げ切るという言い方が正しいのかは分かりませんが、崩されない時間を長くして、相手がリスクを掛けてきたところにさらにカウンターを仕掛ける展開に持ち込めなかったことは残念ですし、反省しないといけません」と語っています。前からの守備で早い時間帯に先制点を奪い、前半のうちにデザインされたセットプレーから2点目を奪う、と言う理想的な展開だったわけですから、後は守備を固めて逃げ切る、と言うのは当然考えること。前半のうちに1点返されたのは痛かったものの前半終了間際に1点追加して突き放したわけで、そのまま逃げ切るべき試合でした。実際、後半も横浜FMにボールを支配されてもゴール前を固めて粘り強く対応し、シュートを打たせない守備ができていたわけで、2本のクロスから失点してしまったことは残念でなりません。今季ここまで作り上げてきた前からのプレスを捨てて、低い位置にブロックを作って跳ね返すサッカーに徹していただけに、結果を残さなければならなかった、と思います。勝ち点がゼロにならなかったのは幸いだったものの、今後勝ち点を3にするためにはどのような戦い方をすべきか、課題が残ったと言えるのではないでしょうか。

ブログ速報  前半  後半
広島公式サイト  横浜FM公式サイト
Jリーグ公式サイト試合データ
ゲキサカ  戦評  前田大然  飲水タイムなし
日刊スポーツ  スコア詳細  戦評  前田  VAR  
サッカーダイジェストWeb  採点&寸評  戦評
Football LAB

|

« 今日の横浜FM戦 | トップページ | 井林全治3〜4週間 »