« 新加入選手の記者会見 | トップページ | 女子プロチームに松原と谷口を獲得 »

2021/01/19

紫熊倶楽部2月号

先週発売の「紫熊倶楽部」2月号(Vol. 276)を紹介します。最初の記事は森崎和幸C.R.M.で、クラブ史上初のクラウドファンディング成功に感謝の言葉を述べています。続く記事は今季の陣容について。主力をほぼキープした上で、出て行った選手を的確に補充した戦力補強について説明しています。そして表紙とともに取り上げられているのは青山選手。35歳になる今年、より高みを目指す強い意欲を語っています。またコラム「THIS IS FOOTBALL」では、厳しい2021シーズンで「残留のために、そして上を目指すために、やっていきたいこと」を書いています。更に足立強化部長が「寅ディションとイノベーション」と言うタイトルで、チームの進む方向性について説明しています。
 「READERS AREA」を挟んで後ろのカラーページは、今季のユニフォームと背番号について。新連載「WEリーグへのチャレンジ」では、中村伸女子チーム監督がインタビューに答えています。また「MARTCH REPORT」はリーグ戦終盤のFC東京戦、柏戦、名古屋戦。「サンフレッチェを支える人々」では、日本航空株式会社の広島支店長と広島空港所長が取り上げられています。「掛本智子のFACE TO FAC」では、「全選手アンケートをやってみたら、面白い結果が」のpart 2。「SIGMA CALENDER」と「紫熊短信」を挟んで、最終ページでは「佐々木翔選手が大好きです」と言うSPL∞ASHの岡田あずみさんが取り上げられています。
 サンフレッチェオフィシャルマガジン「紫熊倶楽部」は税別360円。ホームゲーム会場と広島県内の大手書店等でご購入下さい。また通販はまだ出ていないのですが、J.LEAGUE ONLINE STOREで購入できるはずです。

|

« 新加入選手の記者会見 | トップページ | 女子プロチームに松原と谷口を獲得 »