« 城福監督との契約を更新 | トップページ | 来季のユニフォームを発表 »

2020/12/22

城福監督の総括会見

城福監督は一昨日、広島市内でシーズン総括会見を行いました。監督はまず新型コロナウイルスに影響を受けた今シーズンを振り返って、カップ戦のレギュレーションが変わって実戦の機会が激減したことによりチーム作りが難しくなった、と述べました。若い選手が自信を得る機会がなくなり「例年にないチーム作りをする必要があった」とのこと。また5人交代のルールに慣れるのに時間がかかり、チームマネージメントが難しかったと語りました。チーム戦術面では「自陣のペナルティエリアのところはよくやっている」と評価しつつも、「エマージェンシーケースになると、守備のラインが深くなってしまう」と言う守備面の課題とともに、「そしてもう1つは、アタッキングサードの部分です」と決定力の問題を挙げました。来季に向けてはこれらの課題を解決する必要がありますが、「改善するところは明確です。目指すサッカーは変わりませんが、方法論の部分でもっと刺激を与えていきたいと思っています」といろいろなアイディアを披露。選手補強やメンタルを含めたマンマネージメントの問題について、様々な観点からのチーム作りの方向性について語っています。新型コロナウイルスの感染収束が見えない中で来季もどうなるか分かりませんが、J1のチーム数が増えて試合数が増えること、東京オリンピックやワールドカップ予選による長期中断があることから、またもや過密日程を強いられるのは間違いないところ。これまで以上に城福監督のチームマネージメント力が問われる年になるのではないでしょうか?

城福監督2020年総括会見全文

|

« 城福監督との契約を更新 | トップページ | 来季のユニフォームを発表 »