« 「俺たちの円陣」プロジェクト超過達成! | トップページ | クラセン(U-18)1回戦富山戦 »

2020/12/26

女子プロチームに5人加入

サンフレッチェは昨日、来季からスタートする女子プロチームにオルカ鴨川から近賀ゆかり選手と中嶋淑乃選手が、INAC神戸レオネッサから増矢理花選手と島袋奈美恵選手が、ジェフユナイテッド市原・千葉レディースから木稲瑠那選手がいずれも完全移籍で加入した、と発表しました。
 近賀選手はなでしこジャパンの右サイドバックとして通算100試合に出場した日本を代表する選手の一人で、イングランドやオーストラリア、中国のチームを経て今季の途中からオルカ鴨川でプレーしていました。中嶋選手は熊本県出身の21歳で、今季はリーグ戦全試合に出場して11ゴールを挙げて得点王に輝いています。増矢選手はJFAアカデミー福島からINAC神戸でプレーする25歳のFWで、日本代表としても27試合に出場して6得点を挙げていますが、今季はチーム内のポジション争いの激化により15試合の出場のうち10試合が途中出場で無得点に終わりました。島袋選手もスピードのあるアタッカーでU-18日本代表候補に選出された経験がありますが、度重なる怪我に悩まされて今季は2試合の出場にとどまっていました。そして木稲選手は20歳のGKで、リーグ戦後半はベンチ入りしていたものの出場機会はなしで終わりました。ゼロからのスタートとなるサンフレッチェ広島の女子プロチームですが、徐々にチームの骨格が見えてくることになりそうです。

|

« 「俺たちの円陣」プロジェクト超過達成! | トップページ | クラセン(U-18)1回戦富山戦 »