« 城福監督の総括会見 | トップページ | 土肥とA契約を締結 »

2020/12/23

来季のユニフォームを発表

サンフレッチェは昨日、来シーズンのユニフォームを発表しました。ユニフォームサプライヤーは11年連続でナイキで、スポンサーは今年と同様にエディオン、ハイセンス、マツダ、ひろぎん、イズミ、テラル。ホームキットのカラーも今年に引き続いて「広島バイオレット」を基調にして、縦長のブロックパターンをランダムに並べた「デジタルグラフィックを取り入れたデザイン」になっています。また稲妻のようなサイドテープはナイキフットボールが提供するユニフォームの世界共通のデザインだそうで、ここにクラブエンブレムに使われているゴールドを使っています。
 一方アウェイキットは、ナイキがユニフォームを提供し始めてから初めて襟つきのポロタイプを採用。ほぼ白一色で、サイドにのみバイオレットを配したデザインになっています。第一弾の予約販売は大人サイズの1stレプリカユニフォームのみ明日から開始しますが、まだ来季の陣容も背番号も決まっていないことから「12番」「77番森崎浩司アンバサダー」「320番サンチェ」「903番フレッチェ」「∞森崎和幸C.R.M.」のみとなっています。その他のユニフォームについては1月上旬に予約販売を開始する予定ですが、お届けは3月中旬になるとのこと。開幕戦に間に合わせたい方は、今回の予約販売でご購入下さい。その他デザインなどの詳細はサンフレッチェ広島オフィシャルサイトをご覧ください。

|

« 城福監督の総括会見 | トップページ | 土肥とA契約を締結 »