« 今日の柏戦 | トップページ | スーパープリンスリーグ第3節 »

2020/09/20

第17節柏戦

昨日アウェイで行われたJ1リーグ戦第17節柏レイソル戦は、前半に1点ずつ取り合ったものの後半は動かず、勝点1ずつを分け合いました。
 GKには林、また浅野と茶島を先発起用して、以下の布陣で戦いました。
        林

   野上  荒木 佐々木

     青山  川辺

茶島             柏(→東61分)
(→土肥80分)
   浅野      森島(→Lペレイラ53分)
   (→ハイネル61分)
       ドグ(→エゼキエウ80分)

SUB:大迫、井林
 対するレイソルは、GK:キム・スンギュ、DF:北爪、山下、古賀、三丸、MF:三原、大谷、戸嶋、江坂、FW:オルンガ、呉屋、と言うメンバーでした。立ち上がりからレイソルにペースを握られ、2分にはクロスにオルンガが合わせましたが林がセーブ。5分には北爪が抜け出してシュートしましたがサイドネットで助かります。そんな流れの中で先制点を奪ったのは広島。浅野のパスから柏が左サイドを突破してクロスを上げると、中央で待ちかまえていたドウグラス・ヴィエイラがヘッドで決めて、幸先良くリードを奪いました。
 これで広島が勢いを増して、サイドからの攻撃で追加点を狙いにいきます。しかしレイソルも押し返して、19分には呉屋のクロスにオルンガが飛び込みましたがわずかに合わず助かります。広島は前半35分、柏のクロスに浅野がフリーで合わせましたが枠外に外れます。逆にレイソルも40分にはオルンガが林もかわしてシュートしましたが荒木がぎりぎりでクリア。42分にもオルンガのシュートを許しましたが佐々木が身体に当てます。そして前半アディショナルタイム、広島の攻撃のコンビネーションが合わずに逆襲を受けて、江坂のパスで北爪に抜け出されるとそのままゴール。前半は1-1で終えることになりました。
 後半に入っても両チームともにパスを繋ぎ、また良く走って激しい攻防が続きます。13分にはオルンガが反転シュートを狙いましたが荒木が対応。また北爪のシュートは浅野がクリアします。また19分にはハイネルからボールを奪ったオルンガがシュートしましたが枠外に外れて助かります。更に21分には江坂に危ないシュートを打たれましたがこれもわずかに枠を外れます。広島は23分にCKの折り返しを荒木が狙いましたが枠外に外し、32分にはレアンドロ・ペレイラが頭で叩きつけましたがGKの好セーブに阻まれます。39分には呉屋のヘッドをバーが弾き、カウンターから押し返しますがパスが合わずにシュートまで行けません。後半アディショナルタイムにはレイソルに決定的なシーンを作られたものの何とか凌いで、勝点1ずつを分け合いました。
 この試合のハイライトは、何と言ってもオルンガと荒木の戦いだったと思います。ここまで16試合で16得点と得点王争いを独走するオルンガに7本のシュートを打たれたものの、本当に危ないシーンは林がかわされた前半40分のシーンぐらい。荒木は無闇に身体で止めるのではなく、仕掛けを見極めて良い形でシュートを打たせないことに集中していたように思います。また類い稀な身体能力を生かしてDFを振り切ってフリーになることの多いオルンガですが、荒木は良く相手を監視して裏を取らせませんでした。昨年ルーキーイヤーにA代表にも選ばれた才能を、着々と伸ばしていると言って良いのではないでしょうか。
 ただその一方でチーム全体としては、いろいろと課題が残った試合だったと言えるように思います。レイソルのホームゲームだったから止むを得ない、とは言え全体的にレイソルの方が動きが良く、攻めに入ったところでパスをカットされてカウンターを浴びるシーンが多かったように思います。また先制点のようにサイドの「ポケット」を取って決定的なシーンを作ることも少なく、練習の成果があまり出せていなかったような印象を受けました。城福監督は「勝点3を絶対に取りたいという思いで柏まで来た。なので、勝点1で終わったことは悔しい」と語っていますが、しかし2試合連続の関東でのアウェイゲームと言う状況の中で、何とか勝点1を確保できたことは悪い結果ではないと思います。次は中3日でまたもや(しかも九州での)アウェイゲームとなりますが、チーム全員の力で乗り越えて欲しいと思います。

ブログ速報  前半  後半
広島公式サイト  柏公式サイト
Jリーグ公式サイト試合データ
ゲキサカ  戦評  北爪
日刊スポーツ  スコア詳細  戦評  荒木  北爪
サッカーダイジェストWeb  採点&寸評  戦評  荒木が披露した極上の対人守備
Football LAB

|

« 今日の柏戦 | トップページ | スーパープリンスリーグ第3節 »