« ブンデスリーガが再開 | トップページ | ドウグラス・ヴィエイラの記事 »

2020/05/18

紫熊倶楽部6月号

先週発売の「紫熊倶楽部」6月号(Vol. 268)を紹介します。最初の記事は城福監督のインタビュー。「サポーターと、パートナーと、そしてクラブと。みんなで栄光を勝ち取るために」と言うタイトルで、自らの監督としての信念を語っています。2つ目の記事で取り上げられているのは荒木選手。2014年の広島ユースでキャプテンを務めながら成績が落ち込み、トップ昇格もならなかった彼がどのように成長してきたか、を綴っています。
 スペシャルドキュメントは、小野監督の下でJ1復帰を決めた2003年を振り返っています。「READERS AREA」を挟んで「サンフレッチェを支える人々」では、2011年からスポンサーとしてサポートしている良和ハウスの和田伸幸社長を紹介。また「クラブを勇気づけるサンフレッチェ営業部精鋭と森崎和幸CRM」と言うタイトルで、営業部の若手3人と森崎和幸CRMがZOOMインタビューに答えています。
 「僕の好きな○○」は永井選手の「トイ・ストーリー」。「サンフレッチェレディース/SPL∞ASHに懸けた青春」では根性のアイドル・高田萌子さんを取り上げています。「掛本智子のFACE TO FACE」では野津田選手と川辺選手を招いて、掛本さんがMCを務めるちゅピCOM「SPORTS & LIFE」インタビューの完全版となっています。そして最後はSIGMA CALENDERと紫熊短信です。
 サンフレッチェオフィシャルマガジン「紫熊倶楽部」は税別で360円。 V-POINT、広島県内大手書店、銀座の広島県アンテナショップ「tau」等で販売中です。また通販はe-VPOINTからどうぞ。

|

« ブンデスリーガが再開 | トップページ | ドウグラス・ヴィエイラの記事 »