« ハイネルの記事 | トップページ | 荒木の記事 »

2020/04/24

天皇杯の大会方式の大幅変更

日本サッカー協会は昨日、天皇杯の大幅な大会方式の変更を発表しました。それによると開幕日を9/16に設定して都道府県代表の32チームが1回戦を戦い、9/23に都道府県代表15チームとアマチュアシードのHonda FCを加えて2回戦を行います。そして10/28に3回戦、12/12,13に4回戦、12/19,20に準々決勝を開催。そこで勝ち上がった2チームが12/27にJ1リーグの2チームと準決勝を行って、勝ったチームが1/1に決勝を戦うことになります。これはJリーグのレギュラーシーズンの消化を最優先にしたもの。J3クラブの都道府県予選への参加も取りやめとなり、3回戦までの組み合わせは地域ごとのブロックで行われることになります。J1の参加チームは「上位」となっていますが、シーズンが終了しなかった場合の決定方法など今後検討して行くとのこと。100回目となる天皇杯は、トップリーグのクラブがほとんど参加できない異常事態となりました。

|

« ハイネルの記事 | トップページ | 荒木の記事 »