« 第1節鹿島戦 | トップページ | 3/15までの全試合の延期を発表 »

2020/02/25

札幌戦に向けて

明日はYBCルヴァンカップグループステージ第2節。サンフレッチェはホームにコンサドーレ札幌を迎えます。
 就任1年目の2018年はリーグ戦4位、2年目の昨年はルヴァンカップ準優勝と着実に成果を挙げてきたペトロヴィッチ監督は、今年は「トップ3入りとタイトル獲得」を目標に掲げてシーズンをスタートしました。そしてルヴァンカップ初戦では押し込まれながらも我慢を続け、セットプレーとカウンターから3点を奪って勝利を挙げてグループ首位に立っています。ここまでの公式戦の戦績は次の通り。
L1A ○3-0 鳥栖  【札】ジェイ、福森、鈴木
1A ●2-4 柏   【札】荒野、鈴木、【柏】江坂2、オルンガ2
 リーグ開幕戦は柏の勢いに飲み込まれて後半20分までに4失点を喫してしまいましたが、その後の反撃で2点を返し、同点に追いつけるかも、と言う流れを作ったことから、監督も「負けはしたけど、試合を振り返ると決して悪い試合ではなかったと思っています」と語っていたとのこと。内容と結果が一致しない試合が続いているものの、ペトロヴィッチ監督の戦術が浸透して来ている札幌が侮れないチームであることは間違いありません。
 対するサンフレッチェですが、城福監督が「ここまでプレシーズンをずっと全員でやり続けてきたので、心身の準備ができていた選手はいっぱいいる」と語っていることから、リーグ戦のメンバーから大きく入れ替えて戦うのは間違いない、と思われます。と言うことで、私の予想は次の通り。
        林

   櫛引  井林  清水

     松本大 柴崎

茶島            浅野

    東    野津田

       永井

SUB:増田、荒木、土肥、松本泰、エゼキエウ、森島、鮎川
 継続を重視して鹿島戦を「第35節」として戦った城福サンフレッチェですが、メンバーを入れ替えて戦うこの札幌戦こそが「チームとしての成長」を確認できる試合になるかも知れません。明日はいつも以上にチーム全体で心を一つにして、内容も伴った勝利を目指して欲しいと思います。

|

« 第1節鹿島戦 | トップページ | 3/15までの全試合の延期を発表 »