« FCソウルとの練習試合 | トップページ | 宮崎キャンプ9日目 »

2020/02/07

茶島と藤井

中国新聞によると、広島のサイドのポジション争いが激しさを増している様子です。昨日のソウル戦の1本目は千葉から3シーズンぶりに復帰した茶島が初めて主力組で先発。「サイドにいい形でボールがくるし、違和感なくやれた」と話すように右サイドを何度も突破して、クロスを供給したそうです。最終的に味方に合わないシーンもあって「精度が課題」と語っていますが、チャンスにも絡んだと言うことで自信を深めているのではないでしょうか。
 一方、来季からの入団が決まっている藤井もソウル戦の2本目は左サイド、3本目は右サイドに入って、スピードを生かした突破を何度も見せていたそうです。城福監督も「プロ相手でも抜けるスピードを証明している」と語っていて、評価も高まっているとのこと。今季は大学でのプレーがメインになるものの特別指定の手続きを進めているそうで、早い段階での公式戦デビューもあるかも知れません。

|

« FCソウルとの練習試合 | トップページ | 宮崎キャンプ9日目 »