« IPU環太平洋大学との練習試合 | トップページ | 紫熊倶楽部3月号 »

2020/02/19

城福監督のインタビュー記事

中日スポーツに城福監督の開幕直前インタビューが掲載されています。それにょると昨年の戦いについては「僕の中では2018年からつながっているという思いが大きくあります」と答えています。「最も称賛されない2位」だった2018年シーズンでACLの出場権を勝ち取り、初戦の広州恒大戦での敗戦でメディアからの強い批判を受けながらも若手中心で戦い、それによって大胆な世代交代ができたこと。それは「格差が広がったこの時代」にあって、「ここから先、このクラブらしさでタイトルを目指すということを考えたら、若返りを図ることしか僕の中では方法がなかった。だからこそ、リスクを承知でそこにトライした。その1年だった」と振り返りました。そして今季に向けては「積み上げてきたものを開幕から継続できる」と言うアドバンテージを生かして、プラスアルファを目指して行くとのこと。そしてその中でも選手たちを公平に見ながら、「やれている選手を使うと言う軸だけは外さないように」選手を起用して行く、と語っています。「今のサッカーの変化、そのトレンドを理解して、自分を変えていかないといけないところがあるのと、もうひとつは変わらないものがあるんですよ。その両面を持ち続けないと監督業はやれないなと思って」いる、と言う城福監督。監督自身が成長することも含めてチーム全体が成長できれば、成績は自ずからついてくるに違いありません。

|

« IPU環太平洋大学との練習試合 | トップページ | 紫熊倶楽部3月号 »