« エゼキエウ獲得を発表 | トップページ | 指宿キャンプスタート »

2020/01/13

AFC U-23選手権シリア戦

昨日行われた「AFC U-23選手権」グループステージ第2戦で、U-23日本代表はシリアに1-2で敗れて2連敗。早くもグループステージでの敗退が決まりました。先発メンバーはサウジアラビア戦から半分入れ替えて、GK:大迫敬、DF:渡辺(→立田78分)、岡崎、町田、MF:橋岡、齊藤、松本泰、相馬、食野(→田川67分)、森島(→旗手86分)、FW:上田。立ち上がりはやや落ち着きのない展開から、5分には食野がシュートしましたがDFにブロックされます。これに対してシリアはカウンターを仕掛け、DFラインの裏に抜け出したバラカトがドリブルからシュートしましたが大迫敬が弾きます。そしてその直後のCKは飛び込んだアルナウトのシュートはゴールを外れたものの、主審がVARを確認したところ町田の足が高く上がっていたとしてPKを宣告。大迫敬はコースは読んでいたもののわずかに届かず、先制点を許してしまいました。
 その後日本はボールは握るものの引いて守るシリアの守備を崩せず、両サイドからクロスを入れてもなかなか味方に合いません。しかし前半31分、カットインした相馬のシュートはDFに当たったものの、こぼれを拾った相馬が再びシュートを突き刺して、日本は同点に追いつきました。
 その後は日本が攻勢を強め、40分と45分には齊藤がシュート。また47分には森島が右足で狙いましたが枠を外れます。その流れは後半も続いて、後半9分には森島のCKに上田が合わせましたが枠外。後半38分には橋岡のクロスに上田がフリーで合わせましたが、決定的シュートは枠を捉えることができません。逆に後半44分、カウンターからダリが抜け出し、ペナルティエリア内からシュート。大迫敬は反応したもののこれも及ばず勝ち越し点を許します。その後日本は最後の攻撃を見せて、旗手が、齊藤が決定的なシュートを放ちましたがGKに防がれ、1点が遠いままに敗戦のホイッスルとなりました。

サッカーダイジェストWeb  採点&寸評  森保監督が語った敗因  まさかのGL敗退  相馬が痛感した力不足  韓国メディア

|

« エゼキエウ獲得を発表 | トップページ | 指宿キャンプスタート »