« ルヴァンカップの日程 | トップページ | 紫熊倶楽部2月号 »

2020/01/18

大迫、森島、松本泰は1/20から合流

中国新聞によると、U-23選手権に参加していたU-23日本代表の大迫、森島、松本泰の3人は、1/20からチームに合流することになったそうです。城福監督は3人について「大事な戦力。心身ともにまずはリセットが必要」とのことで、「1日はコンディションを見て、次の日から一緒に練習できるかも」と見通しを示しました。
 因みにU-23代表での3人ですが、大迫は3試合にフル出場したのに対して森島はシリア戦に先発して途中交代、松本泰はシリア戦に先発フル出場したのに加えて、カタール戦に途中出場、と言う結果に終わりました。この中で大迫は毎試合2失点ずつしてしまったものの、その半分の3点がPK。また残りの3点もカウンターからのもので、いずれも大迫の責任、とは言えない失点でした。ほぼ日本がボールを支配する中であまり守備機会は多くなかったのですが、サウジアラビア戦では何度もスーパーセーブで得点を許さず存在感を見せていました。ただ、そうは言ってもチームを勝利させることはできなかったのは事実。カウンターからの1対1やPKを止めてこそ「守護神」と言えるわけで、五輪本番やA代表定着に向けて、より一層の成長が求められる、と言って良いでしょう。
 一方、松本泰はシリア戦では中盤の底に位置してボールを動かす中心となり、またDFラインの前にスクリーンを張って相手のカウンターを防ぐ役割を担当しました。全体的に落ち着いたプレーだったとは思いますが、ただ膠着した状態を打ち破るだけのクォリティを示すことができなかったのは確か。特に前線への効果的な縦パスや、相手の隙を見つけての攻撃参加などのシーンがほとんど作れないままに終わってしまったのが残念でした。
 そして森島ですが、シリア戦で惜しいシュートを1本放ったものの見せ場と言えばそのくらい。ボールが回らず消えている時間も長く、やや期待外れに終わりました。ドリブルを武器とする森島ですが、相手がバイタルに人数をかけてスペースを消されると何もできなくなってしまう、と言う感じで、課題がはっきりした試合だった、と言えるかも知れません。U-23代表が全体的にパフォーマンスが上がらない中で3人とも埋没してしまった、と言う印象だったので、今後はチームの中で課題を解決して、より一層成長して次のチャンスをつかんで欲しいものです。

|

« ルヴァンカップの日程 | トップページ | 紫熊倶楽部2月号 »