« 「ASSIST」2019冬号 | トップページ | 今季の試合日程 »

2020/01/23

宮崎産業経営大との練習試合

指宿キャンプ10日目の昨日は今季初の対外試合を宮崎産業経営大と40分×3本で戦い、8-0で勝ちました。モバイルサイトによると1本目のメンバーは、GK:林、DF:野上、井林、荒木、MF:青山、野津田、柏、東、土肥、鮎川、FW:レアンドロ・ペレイラ。得点は32分で、レアンドロ・ペレイラの縦パスで抜け出した野津田が角度の無いところから左足で決めました。2本目はメンバーを5人入れ替えて、GK:廣永、DF:佐々木、荒木(→松本大24分)、井林(→櫛引24分)、MF:東(→浅野24分)、野津田(→松本泰24分)、茶島、柴崎、鮎川(→永井24分)、土肥(→川辺24分)、FW:ドウグラス・ヴィエイラ。このメンバーでの得点はありませんでしたが、24分に6人交代すると、その5分後に永井が強烈な左足でゲット。続いて31分には浅野のゴール前を横切るクロスに茶島が飛び込んで3点目を奪いました。3本目のメンバーは、GK:増田、DF:清水、佐々木(→土肥11分→鮎川28分)、櫛引、MF:森島、ハイネル、松本大、川辺、浅野、エゼキエウ、FW:永井。6分にハイネルのパスでフリーになった永井がゲットすると、23分にはペナルティエリア前のコンビネーションから松本大が5点目を決めます。続いて30分にはエゼキエウの突破からのクロスを永井が胸で押し込み、36分にはCKをハイネルがヘッドで決め、38分にはハイネルのクロスを森島が決めて「ゴールショー」を締めました。公式サイトによるとキャンプ終盤で疲労がたまっている中でもしっかりと出し切ったそうで、決めるべきところで決めただけではなく相手にシュートを1本も打たせなかったことも含めて、チームにとって大きな自信になった試合だった、と言えそうです。

|

« 「ASSIST」2019冬号 | トップページ | 今季の試合日程 »