« 今季のユニフォーム | トップページ | エゼキエウ獲得へ »

2020/01/10

AFC U-23選手権サウジアラビア戦

昨日「AFC U-23選手権」のグループステージ初戦を戦ったU-23日本代表は、サウジアラビアに1-2で敗れて黒星スタートとなりました。日本のメンバーは、GK:大迫敬、DF:渡辺、岡崎、古賀、MF:橋岡、田中駿、田中碧、杉岡(→相馬90+1分)、食野、FW:小川(→上田72分)、旗手(→田川90+1分)。立ち上がりはお互いにロングボールが多かったものの、徐々に自分たちの形に持ち込むと最初にチャンスを作ったのはサウジアラビア。前半7分にアリがミドルシュートを放ってポストに当てると、9分にはアルハムダンに強烈なシュートを打たれましたが大迫敬がナイスセーブを見せます。その後は日本もペースをつかみ、前半24分には食野がドリブルからシュートしましたがDFに当たって枠外に外れ、26分には旗手が左足で狙ったもののバーを越えてしまいます。逆に30分にはガリーブに決定的なシュートを打たれましたが、大迫敬がスーパーセーブで防ぎます。日本は前半37分に旗手が抜け出してGKと1対1になったもののコントロールミスでシュートを打てず、44分の食野のシュートも枠を外れて両者スコアレスでハーフタイムを迎えました。
 前半はほぼ一進一退の展開でしたが、後半早々に試合が動きます。後半3分、サウジアラビアのガリーブが左からドリブルで切れ込むと、アルクライフが右足でシュート。大迫敬は反応したもののわずかに及ばず、ボールは左のポストを叩いてネットを揺らし先制を許してしまいました。これに対して日本はすぐに反撃し、7分には橋岡が惜しいシュートを放ちます。そして後半11分、食野がペナルティエリア手前でシュートを放つとDFに当たってゴールへ。VARのチェックがあったもののゴールを取り消されることはなく、日本が同点に追いつきました。
 その後は引いて守るサウジに対して、日本がボールを支配して攻め込みます。しかしなかなかゴールを奪えないままに迎えた後半41分、古賀が岡崎へのバックパスをミス。アルブリカンのドリブルは大迫敬が止めたものの、追走した岡崎の足が引っかかったと判定されてPKが与えられ、これを決められて再び勝ち越しを許します。その後日本は2枚替えで反撃を試みたものの実らず、敗戦のホイッスルとなりました。

サッカーダイジェストWeb  戦評  「連係のミスが出た」と森保監督/a>  食野は次戦に意欲  セルジオ越後

|

« 今季のユニフォーム | トップページ | エゼキエウ獲得へ »