« E-1選手権韓国戦 | トップページ | 櫛引獲得へ »

2019/12/20

増田の復帰とハイネルの残留

中国新聞によると、町田に期限付き移籍中の増田卓也選手の4シーズンぶりの復帰が明らかになりました。皆実高から流通経済大を経て2012年に広島でプロとしてのキャリアをスタートさせた増田でしたが、広島在籍中の5年間のリーグ戦出場はわずかに4試合。西川と林の陰に隠れてなかなかチャンスをつかめませんでした。そこで2017年に長崎にレンタル移籍し、42試合に出場して初のJ1昇格に貢献しましたが、翌年は6試合の出場にとどまりました。そして今季は町田に戦いの場を移して、レギュラーとして38試合に出場していました。広島は大迫が来季は代表や五輪代表で抜ける可能性があることと、中林が横浜FMに完全移籍する可能性が高いことから、安定感のある増田を呼び戻すことにしたとのことです。
 また同じく中国新聞によると、ハイネルが来季も広島でプレーすることが分かったそうです。ハイネルには国内外の複数のクラブからオファーがあった、とのことですが、ハイネル自身が広島でのプレーを決断したとのこと。保有権を持つブラジルのトンベンセからのレンタル延長の方向で調整中だそうです。

|

« E-1選手権韓国戦 | トップページ | 櫛引獲得へ »