« 吉野は仙台、渡は大分へ移籍 | トップページ | 櫛引獲得を発表 »

2019/12/26

増田、茶島、浅野がレンタルから復帰

サンフレッチェは昨日、増田卓也選手、茶島雄介選手、浅野雄也選手のレンタル移籍からの復帰を発表しました。
 広島市生まれで皆実高から流通経済大を経て2012年に広島でプロのキャリアをスタートさせた増田は、2017年に長崎に期限付き移籍すると全試合にフル出場して初のJ1昇格に貢献しました。そして翌年も開幕から4試合は先発したもののその後は控えに回って試合出場は6試合。今季は町田に移籍して38試合に出場していました。
 サンフレッチェのアカデミーから東京学芸大を経て2014年にプロとなった茶島は、2015年のクラブワールドカップでの活躍をきっかけに翌年は22試合に出場してレギュラーを獲得したか、に見えました。しかし翌年は12試合出場にとどまり2018年に千葉に期限付き移籍。2年間で61試合に出場して4得点を挙げるなど経験を積んできました。
 浅野雄也選手は浅野琢磨選手の実弟で、昨年大阪体育大を卒業して水戸でプロ生活をスタートさせました。そして8/16に広島への移籍が発表されたものの、そのまま水戸に期限付き移籍と言う形で在籍して34試合に出場して4得点を挙げていました。中国新聞によると推定年俸は増田と茶島が1,700万円、浅野は800万円だとのことです。
 一方、愛媛FCに育成型期限付き移籍中の川村拓夢選手の期限付き移籍期間延長も発表されました。

|

« 吉野は仙台、渡は大分へ移籍 | トップページ | 櫛引獲得を発表 »