« W杯予選キルギス戦 | トップページ | ファン感謝デーを開催 »

2019/11/16

U-22日本代表との練習試合

一昨日、広島で合宿中のU-22日本代表と35分×2の練習試合を行い、1-0で勝ちました。紫熊倶楽部WEBによると広島のメンバーは、GK:廣永、DF:練習生、吉野(→土肥HT)、清水、MF:サロモンソン、柴崎、松本大、東、渡、野津田、FW:ドウグラス・ヴィエイラ。対するU-22日本代表は、GK:谷(→大迫HT)、DF:岩田(→高28分)、立田(→板倉HT)、瀬古、MF:長沼(→菅原46分)、原(→橋岡56分)、中山(→田仲駿HT)、菅(→三好HT→久保54分)、鈴木、食野(→前田54分)、FW:小川(→上田HT)、と言うメンバーでした。序盤はDFラインのコンビネーションが合わないことが多く、ミスから押し込まれるシーンが多かったそうですが、廣永の好セーブなどでリズムを作ると徐々にペースを握ったそうです。そして前半29分にはドウグラス・ヴィエイラのスルーパスで飛び出した東がGKと1対1のシーンを作ったものの決めきれず、スコアレスで前半を折り返しました。
 後半は6人入れ替えたU-22代表に対して広島は吉野に代えて土肥を投入。松本大をリベロに落とした布陣で臨みます。そしてその土肥の展開などでU-22代表を押し込み、後半13分にはドウグラス・ヴィエイラのループを大迫がクリアして得たCKのこぼれを東が叩き込んで、先制点を奪います。これに対してU-22代表もその後選手を入れ替えて反撃し、特に後半19分から久保が投入されると決定的なシーンを作られたそうです。しかし広島は疲れが出る時間帯にもしっかりと規律を持って戦って、そのまま無失点で試合を終えました。U-22代表は集合したばかりでばらついたコンディションを調整中だったのに対して、広島も翌日に予定されていた非公開の練習試合に向けて主力を温存した、と言うゲームでしたが、U-22年代の東と松本大が良いプレーを見せてアピールしたことなどを含め収穫の多い試合だった模様です。

|

« W杯予選キルギス戦 | トップページ | ファン感謝デーを開催 »