« U-22代表のU-20サンパウロ戦 | トップページ | U-22代表ブラジル戦 »

2019/10/14

山口との練習試合

昨日吉田サッカー公園で山口との練習試合を行い、6-0で勝ちました。モバイルサイトによると前半のメンバーは、GK:林、DF:野上、荒木、佐々木、MF:ハイネル、青山、稲垣、柏、川辺、柴崎、FW:ドウグラス・ヴィエイラ。前半12分にはPKをハイネルが決めて先制点を奪うと、16分には浮き球のパスで飛び出した川辺がGKをかわして追加点。その後も山口にほとんどチャンスを作らせずに2点リードで折り返しました。後半はサブ組が闘志を見せたそうで、開始早々のビッグチャンスはサロモンソンのオフサイドを取られたものの、後半19分には野津田のボールカットからスタートした攻撃でこぼれを鮎川が右足で突き刺して3点目。その2分後には再び野津田がボールを奪うと、左サイドで繋ぎ最後は野津田が左足でシュートを決めます。続いて後半30分には吉野が一気のスプリントで相手の裏を取ってクロスを入れるとPKをゲットし、野津田が再び決めて5点目を奪ったとのこと。そして後半アディショナルタイムには渡のヒールパスを受けた松本泰が股抜きのシュートを決めてダメを押しました。サブ組で特に目を引いたのは全得点に絡んだ野津田だったそうですが、それ以外の選手たちも素晴らしいプレーを見せていたそうで、城福監督も「18人のメンバーを選ぶのが難しい」と苦笑していたとのこと。今週は清水戦のベンチ入りを賭けて、激しいチーム内競争が繰り広げられそうです。

|

« U-22代表のU-20サンパウロ戦 | トップページ | U-22代表ブラジル戦 »