« 浦和戦の日程変更 | トップページ | 紫熊倶楽部11月号 »

2019/10/25

U-18代表に鮎川

日本サッカー協会は一昨日「AFC U-19選手権2020予選」に臨むU-18日本代表を発表し、広島からはユースの鮎川峻選手と、ユース出身で順天堂大の山崎大地選手が選ばれました。今回選出されたのは次の23人。
【GK】小久保(ベンフィカ)、小畑(仙台ユース)、山田(鹿島ユース)
【DF】山崎(順天堂大)、中村(FC東京)、西尾、林田(C大阪U-18)、
    三原(愛媛U-18)、井出(柏U-18)、加藤(JFAアカデミー福島U18)、
    バングーナガンデ(FC東京U-18)
【MF】岩本(筑波大)、川本(清水ユース)、柴田(湘南)、松岡(鳥栖)、
    松本(C大阪U-18)、鮎川(広島ユース)、武田(青森山田高)、
    石浦(東京Vユース)
【FW】大森(順天堂大)、晴山(帝京長岡高)、櫻川(千葉U-18)、染野(尚志高)
 先月のスペイン遠征のメンバーから池田(横浜FMユース)、馬場(東京Vユース)、石田(名古屋U-18)、木村(FC東京U-18)、中山(甲府)、小田(神戸U-18)、藤尾(C大阪U-18)、植中(JFAアカデミー福島)が外れ、山田、山崎、中村、井出、バグナーカンデ、川本、武田、染野が選ばれています。このメンバーは来週月曜日からトレーニングを開始して、11/6から始まる予選でグアム、モンゴル、ベトナムと対戦します。

|

« 浦和戦の日程変更 | トップページ | 紫熊倶楽部11月号 »