« AFC U-16選手権2020予選ラオス戦 | トップページ | 育成マッチデー鳥取戦 »

2019/09/22

AFC U-16選手権2020予選カンボジア戦

一昨日行われたAFC U-16選手権2020予選のグループリーグ第2戦で、U-15日本代表は広島ユースの森本のハットトリックの活躍で8-0で快勝して、予選突破に前進しました。
 JFA公式サイトによるとメンバーはラオス戦から9人入れ替えて、GK:佐賀、DF:鈴木吏、溝口(→田代74分)、藤田、東、MF:北野(→山崎67分)、大迫、福井(→南野61分)、逢坂、FW:森本、内藤。初戦でマレーシアが7-0で勝った、と言うことから森山監督は8点以上取って勝つことを目標に掲げたそうで、選手たちもそれに応えて立ち上がりから積極的に攻めたとのこと。そして3分と11分に森本がゴールを決めてペースを握ると、15分にも逢坂が決めて点差を広げました。しかしその後はゴール前での精度を欠いて3-0で前半を終えます。しかし後半は再びペースを上げて、4分に北野がミドルを決めると12分には内藤、14分に逢坂、17分に北野がゲット。そして42分に森本がこの日3点目を取って「ノルマ達成」の8-0勝利となりました。

ゲキサカ  試合記録  「ノルマ達成」の8-0快勝  森本がハットトリック

|

« AFC U-16選手権2020予選ラオス戦 | トップページ | 育成マッチデー鳥取戦 »