« U-22代表アメリカ戦 | トップページ | U-18代表スペイン遠征 »

2019/09/11

W杯予選ミャンマー戦

日本代表は昨日アウェイでW杯2次予選のグループリーグ初戦を戦い、ミャンマーに2-0で勝って幸先良いスタートを切りました。先発メンバーはパラグアイ戦と同じで、GK:権田、DF:酒井宏、冨安、吉田、長友、MF:橋本、柴崎、堂安(→伊東65分)、南野(→鈴木76分)、中島(→久保81分)、FW:大迫勇。日本代表は立ち上がりからボールを支配して、一方的に攻め込みます。そして前半5分の南野のシュートや8分の酒井のシュート等でミャンマーゴールを脅かすと、前半16分、左からカットインした中島が得意な形からのゴールを決めて、先制に成功しました。続いて前半26分には大迫勇のポストプレーから堂安のシュートはGKの好セーブに止められたものの、こぼれを拾った堂安が柔らかなクロス。これが南野の頭にぴたりと合って、リードを2点に広げました。
 この後も攻め続ける日本は、前半29分にFKのこぼれを吉田がボレーで狙ったもののGKがナイスセーブ。37分の大迫勇のヘッドは枠を外れ、39分の吉田のヘッドもクロスバーに嫌われます。更に43分の中島のループや44分の橋本のシュートなど決定機を作り続けたもののゴールは決まらず、2点リードで前半を終えました。
 後半はミャンマーも反撃して、9分にはFKから強烈なシュートを打たれましたが権田が反応。10分にも右サイドを攻めて危ういクロスを入れてきましたが権田がキャッチします。その後は足が止まってきたミャンマーに対して再び日本が圧倒的に攻め込んでシュートの雨を降らせますが、GKの驚異的な反応とDF陣の粘り強い守備で跳ね返します。結局日本の猛攻も実らず後半は無得点のままタイムアップ。決定機の割には得点が少なく物足りないところもあったものの、最も重要な勝点3と言う結果を持ち帰ることができました。
 現時点でのFIFAランキングが135位のミャンマーが相手と言うことで、日本がベストメンバーで戦う必要はないのではないか、と言う人もいたかと思いますが、やはり全力で勝ちに行ったのは正解だった、と言えるでしょう。雨期のミャンマーは雨が断続的に降っていただけでなく直前には豪雨に襲われていて、ピッチ状態は「重馬場」と言う感じ。日本代表の選手が戸惑っているようには見えなかったものの、かなり神経を使わざるを得なかったのは間違いないと思います。そしてそれ以上に凄かったのは、相手の最後まで途切れない闘志でした。試合開始早々から実力差は明らかだったと思いますし、また終盤には足を攣る選手も続出していましたが、ミャンマー代表の選手たちは全力で戦い抜きました。またシュートは2本だけだったもののいずれも日本をヒヤリとさせるもので、決して油断してはいけないことを思い知らされることになりました。試合後に中島はミャンマーの戦いぶりに感銘を受けて「勉強になる試合だった」と語っていたそうですが、この試合結果はいろいろな意味で日本代表にとっての糧となるに違いありません。

|

« U-22代表アメリカ戦 | トップページ | U-18代表スペイン遠征 »