« 2019Jリーグ育成マッチデーの日程 | トップページ | 広島の移籍戦略 »

2019/08/20

紫熊倶楽部9月号

先週発売された「紫熊倶楽部」9月号(Vol.259)を紹介します。最初の記事では、この夏に激しく動いた移籍市場と広島から旅立った選手たちについて書いています。続いて今回の特集は「ボランチは広島を救う」。一番最初は「万能のHARD WORKER川辺駿」で、今季は開幕からボランチとして起用されて、伸び伸びとプレーしている川辺選手の「現在地」を探っています。続く記事は「青山敏弘/復活の夏」。選手生命の危機とも言える膝の怪我から復活した広島を象徴する「攻撃的ボランチ」として青山選手を紹介しています。そして松本泰志選手は「試練の夏」、稲垣祥選手は「充実の夏」と言うタイトルで、それぞれの現在の姿を描いています。更に「広島のボランチ、そのあるべき姿」として、広島の象徴とも言える森崎和幸氏のかつてのプレーを振り返っています。
 「READERS AREA」を挟んでモノクロページで紹介されているのは、信江スタジアム総合戦略推進室長のインタビュー。「アメリカスタジアム視察で考えたこと」の前編です。後ろのカラーページの最初の記事は、荒木、東両選手がソチ五輪銀メダリストの竹内智香さんと一緒に料理したイベントのレポート。「MATCH REPORT」は鳥栖戦、松本戦、川崎F戦、札幌戦です。掛本智子さんの記事は水本選手のレガースについて。「僕の好きな○○」は井林選手の「アニメ」です。そして最後は「SIGMA CALENDER」と「紫熊短信」となっています。
 サンフレッチェオフィシャルマガジン「紫熊倶楽部」は定価360円。ホームゲームスタジアムとV-POINTのほか、広島県内の大手書店と東京・銀座の広島県アンテナショップ「tau」等で販売中です。

|

« 2019Jリーグ育成マッチデーの日程 | トップページ | 広島の移籍戦略 »