« 今日のG大阪戦 | トップページ | 広島国際ユース第2日、第3日 »

2019/08/11

第22節G大阪戦

昨日アウェイで行われたJ1リーグ戦第22節G大阪戦は、後半終了間際に1点ずつ取り合って勝点1ずつを分け合うことになりました。
 先発は前節・札幌戦と同じ。また佐々木がベンチ入りして以下の布陣で戦いました。
       大迫

   井林  荒木  野上

     川辺  稲垣
     (→レアンドロ・ペレイラ83分)
ハイネル           柏
(→エミル75分)
    野津田   森島(→渡86分)
    (→青山64分)
       ドグ

SUB:林、佐々木、東、渡
 対するG大阪は、GK:東口、DF:三浦、金、高尾、MF:小野瀬、倉田、矢島、高江(→井手口80分)、福田(→鈴木87分)、W:アデミウソン(→渡邉76分)、宇佐美、と言うメンバーでした。立ち上がりからパスを回すG大阪に対して、広島はなかなか奪うことができずに攻め込まれます。9分には宇佐美に個人技からシュートを打たれましたがブロック。12分には井林のパスを奪われ速攻からアデミウソンが飛び出しましたが大迫が飛び出して対応します。続いて14分にはCKを小野瀬にずらされアデミウソンに狙われますが枠外に外れ、16分にも何度もシュートを打たれます。攻めに出ようとしてもパスが引っかかってなかなか相手陣内に入り込めなかった広島でしたが、18分に森島が左から仕掛けてシュート。19分にも柏のクロスのこぼれを稲垣がボレーで狙いましたが東口が反応します。ガンバは21分に倉田がシュートしましたが枠外。24分には小野瀬のクロスにアデミウソンが合わせに行き、27分には宇佐美がシュートしましたが大迫が対応します。広島は28分に森島が決定的なシュートを放ちましたがそれ以外はほぼ一方的に攻められたものの粘り強く守って、スコアレスでハーフタイムを迎えました。
 後半は広島も押し返して、3分にはハイネルのクロスから野津田がシュートします。続いて8分には野津田のクロスに森島が合わせましたがブロックされ、11分には川辺がドリブルで持ち込んでシュートしましたが枠外に外れます。その後は再びガンバのペースとなって、13分には金のFKは枠外。18分には倉田にシュートを許しましたがDFが身体を張って防ぎます。青山を投入して点を奪いに行く広島。そして25分には柏が、青山がシュートしましたがブロックされます。両チームともゴール前で形を作りながらもなかなかゴールを割れなかった後半44分、倉田の展開のパスを受けた小野瀬がカットインからシュート。これは大迫が反応したものの弾いてしまい。こぼれ球を倉田に押し込まれてついに先制点を奪われてしまいました。
 これで一度は肩を落とした広島の選手たちでしたが、しかしすぐに切り替えると点を奪いに行きます。そして後半47分、森島が右からクロスを供給すると、レアンドロ・ペレイラがファーサイドでヘディングシュート。これが逆サイドのポストに当たりながらゴールに飛び込んで広島が同点に追いつきます。その後はガンバもクロスを入れてきたもののクリアすると試合終了のホイッスル。真夏の激闘を戦った両チームには勝点1ずつが与えられることになりました。
 試合終了後に城福監督は前半について「押し込まれたし、奪った後の精度も欠いた...彼らがあれだけ前から来ているのであれば、それをうまく剥がして裏返して行くと言うのはこのチームが取り組まないといけない課題なので、そこはしっかりと修正したい」と語っていますが、その一方で「最後まであきらめずに勝点を取りにいった、その結果アウェイで勝点を取って帰れるのは選手の頑張りだと思う」と評価しています。真夏の盛りのアウェイゲーム。しかも四方をスタンドに囲まれたピッチ上はそよとも風が吹いていない、と言う状況の中で、選手たちは本当に粘り強く戦ったと思います。そしてその中で先制点を奪われても諦めず、すぐに同点に追いついたのは選手全員の力だったと言って良いでしょう。長いシーズンを戦っていればうまくいかないこともあるわけですが、そのような時にいかに我慢して戦うかが重要なわけで、この日の勝点1はチームとしての成長の証だ、と言って良いでしょう。
 ところで移籍してきてすぐの試合で結果を出したレアンドロ・ペレイラですが、高さとシュート技術はチームの力になる、と言うことを示しました。城福監督は「われわれが求めるハードワークについてはもっとコンディションを上げないと」と語っているためしばらくはここぞと言うところでの起用、と言うことになりそうですが、そのためのカードが手に入ったと言うことは大きいと思います。この日久々に出場したサロモンソンとともに、リーグ終盤とカップ戦での戦いに向けての貴重な戦力になりそうです。

広島公式サイト  G大阪公式サイト
Jリーグ公式サイト試合データ
ゲキサカ  戦評
日刊スポーツ  スコア詳細  戦評  レアンドロ・ペレイラ  井手口  倉田
サッカーダイジェストWeb  採点&寸評  戦評  青山敏弘の影響力はあまりにも絶大だった

|

« 今日のG大阪戦 | トップページ | 広島国際ユース第2日、第3日 »