« U-18代表に鮎川と土肥/SBSカップの結果 | トップページ | 今日の金沢戦 »

2019/08/13

天皇杯3回戦金沢戦に向けて

明日は天皇杯の3回戦。サンフレッチェはエディオンスタジアム広島でツエーゲン金沢と対戦します。
 2010年にJFL、2014年にJ3、2015年にJ2とカテゴリーを上げてきた金沢は、柳下監督の下での3年目のシーズンを迎えました。そして今季は開幕当初こそ勝ちに恵まれなかったものの、第4節に今季初勝利を挙げると第13節までに6勝3分け1敗で4位に浮上。その後も引き分けが多いものの負けはわずか2つと粘り強く戦って、第27節を終えた時点で9勝13分け5敗。順位は8位で、プレーオフ圏内を狙える位置に付けています。6月以降の公式戦の戦績は次の通り。
16H △0-0 徳島
17A △1-1 琉球  【金】加藤、【琉】鈴木
18H △0-0 愛媛
19H ○2-1 新潟  【金】小松、垣田、【新】高木
20A △0-0 大宮
天2 ○1-0 新潟  【金】杉浦
21H △2-2 水戸  【金】加藤、垣田、【水】白井、志知
22H △1-1 東京V 【金】山根、【V】林
23A ●0-1 柏   【柏】クリスティアーノ
24A ○2-0 愛媛  【金】垣田、山根
25H △1-1 京都  【金】山根、【京】小屋松
26H △1-1 栃木  【金】杉浦、【栃】キム・ヒョン
27A ○3-2 町田  【金】廣井、加藤、山本、【町】土居、富樫
 先週土曜日に行われた町田戦では前半のうちに逆転され、後半も押し込まれる展開が続きましたが粘り強く凌ぐと、セットプレーからの展開で2点を奪って再逆転して勝利しています。柳下監督の下で鍛えられ、最後まで粘り強く戦うサッカーを身上とする金沢。明日もどんな展開になろうとも、気持ちを切らさずに戦いを挑んでくるに違いありません。
 対するサンフレッチェですが、川崎F、札幌と続いた激闘の疲れが抜けきれていない上に、次節・FC東京戦まで中2日だと言うことを考えると、リーグ戦メンバーの消耗は避けたいところ。と言うことで、明日は「完全ターンオーバー」で戦う可能性が高そうです。
        林

   松本大 吉野 佐々木

     青山 松本泰

エミル           清水

    東      渡

      ペレイラ

SUB:廣永、野上、稲垣、ハイネル、野津田、川辺、ベリーシャ
 明日は両チームともに過密日程の中での試合と言うことで普段は出場機会の少ないメンバーが出る可能性が高そうですが、そのような時こそここまでチーム全体として戦って来れたか、が問われるところ。明日は誰が出ることになったとしても「広島のサッカー」で戦って、天皇杯制覇に向けて前進して欲しいと思います。

|

« U-18代表に鮎川と土肥/SBSカップの結果 | トップページ | 今日の金沢戦 »