« 讃岐との練習試合 | トップページ | 広島国際ユースの日程 »

2019/08/06

レアンドロ・ペレイラの記者会見

昨日、レアンドロ・ペレイラ選手の新加入記者会見を行いました。オフィシャルホームページによると、足立強化部長は冒頭で「パルメイラス、シャペコエンセ、ベルギーのチームと渡り歩いた実績十分の選手」だと紹介。残り14試合を戦い抜くために獲得した、と狙いを説明しました。一方レアンドロ・ペレイラは、「ヘディングとシュートは自分の強み...自分も、パスを回すサッカーには合っていると思っています」と自己紹介。「自分が移籍してきたのは優勝するため」と決意を述べました。
 なおモバイルサイトによると足立強化部長は「レアンドロ・ペレイラはパトリックの移籍前からずっと追いかけていた選手だった」と紹介。松本でハードなトレーニングをしながら日本のサッカーにフィットしてきたことから「あとは、広島のサッカーにフィットするかどうか、そこに集中して欲しい」と期待を述べました。また移籍して行った選手が多かった点については「今季はACLもあって、シーズン当初から少し多めの陣容を組んでいた。確かに何人か抜けているが、チームのバランスはとれています」と説明。ここで「レアンドロ・ペレイラと言うピースがはまれば、特別な補強は必要ない」と述べています。ターンオーバーしつつ戦いながら成長させてきた選手たちを更に伸ばして行くことで、十分にリーグ戦もカップ戦も戦って、そして結果を出せるのではないでしょうか。

|

« 讃岐との練習試合 | トップページ | 広島国際ユースの日程 »