« 天皇杯2回戦沖縄SV戦 | トップページ | 今日のC大阪戦 »

2019/07/05

C大阪戦に向けて

明日からJ1リーグ戦も後半戦。サンフレッチェはC大阪をホームに迎えて第18節を戦います。  今季からロティーナ監督が就任したC大阪は、第2節から3連敗するなど序盤は苦戦を強いられました。しかし第10節松本戦を奥埜、藤田、都倉らの新戦力が躍動して勝利すると、その後は徐々にペースを上げてこのところの5試合は4勝1敗。7位に浮上して上位も見えるところまで来ています。前回の対戦以降の公式戦の戦績は次の通り。
3H ●0-1 広島  【広】サロモンソン
L2A △0-0 神戸
4H ●1-2 浦和  【C】ソウザ、【浦】興梠、杉本
5A ○2-0 仙台  【C】都倉、田中
6A △1-1 川崎F 【C】柿谷、【川】知念
L3H ○3-0 名古屋 【C】水沼2、福満
7H ●0-1 札幌  【札】進藤
8A ●0-1 清水  【清】北川
L4H ○1-0 神戸  【C】田中
9H △0-0 大分
10A ○2-0 松本  【C】ブルーノ・メンデス、奥埜
L5A △2-2 名古屋 【C】片山、舩木、【名】前田、ジョー
11H ○3-0 横浜FM 【C】水沼2、高木
12A ●0-1 G大阪 【G】倉田
L6H ○2-0 大分  【C】ソウザ2
13H ○1-0 FC東京 【C】ブルーノ・メンデス
14A ○1-0 鳥栖  【C】ブルーノ・メンデス
15A ●0-2 鹿島  【鹿】セルジーニョ、白崎
LPA ●0-1 FC東京 【東】永井
16H ○2-0 磐田  【C】ブルーノ・メンデス、水沼
LPH △1-1 FC東京 【C】ブルーノ・メンデス、【東】矢島
17A ○2-0 湘南  【C】奥埜、清武
 前節は後半6分に松田のアーリークロスがポストを直撃すると、このボールに反応した奥埜が決めて先制。更に後半38分に清武が個人技から追加点を奪って不調の湘南を押しきっています。このところのセレッソは柿谷の名古屋移籍報道など周辺が騒がしくなっていますが、レギュラークラスの選手は目の前の試合に集中しているはず。明日は好調をそのままに連勝を続けるつもりで広島に乗り込んでくるのではないでしょうか。
 対するサンフレッチェですが、中国新聞によると大迫がチーム練習に合流しているとのこと。鹿島戦で先発した林は体調が万全、と言うわけでも無さそうなので、明日は大迫が先発に戻ってくる可能性が高いのではないでしょうか。それ以外は天皇杯の沖縄SV戦で温存した鹿島戦のメンバーを起用する可能性が高いのではないかと思われます。
       大迫

   野上  荒木 佐々木

     川辺  吉野

ハイネル           柏

    柴崎    森島

       ドグ

SUB:林、井林、清水、稲垣、松本泰、野津田、パトリック
 鹿島との3連戦、そしてミッドウィークの沖縄SV戦と内容の濃い試合を続けてきたサンフレッチェ。それぞれの試合で得た収穫をどう活かすか、が問われる試合になります。明日は誰が出ることになっても他の選手の気持ちも背負いながら、勝利を目指して戦い抜いて欲しいと思います。

|

« 天皇杯2回戦沖縄SV戦 | トップページ | 今日のC大阪戦 »