« J1第17節鹿島戦 | トップページ | 今日の沖縄SV戦 »

2019/07/02

沖縄SV戦に向けて

明日は天皇杯の2回戦。サンフレッチェは福山で沖縄県代表の沖縄SVと対戦します。
 元日本代表の高原直泰氏が代表を務め、「さまざまなスポーツ競技を地域密着で行う」と言う理念のもとに2015年に沖縄県うるま市に設立された沖縄SVは、2016年から沖縄県社会人リーグ3部でスタートしました。そして高原代表が監督も選手も兼任しつつ、かつてサンフレッチェでプレーしていた池端陽介選手らを加えて全勝優勝。2017年は沖縄県サッカー協会の推薦で飛び級で県リーグ1部に昇格しました。そしてその年のリーグ戦は2位に終わったものの繰り上げで九州各県リーグ決勝大会に出場して優勝し、九州サッカーリーグ昇格を決めました。昨年は2度の7連勝などで最後までMIYAZAKIと優勝を争ったもののリーグ戦2位に終わり、「全社」でも2回戦でいわきFCに敗れて目標としていたJFL昇格を逃しています。今季は池端は退団したものの前田俊介や高柳一誠らサンフレッチェに縁のある選手を擁して九州リーグと天皇杯を戦い、1回戦では高原代表自らのゴールなどで松山大を2-0で下してJ1への挑戦権を獲得。JFAのサイトによると高原監督も「この二人(前田と高柳)を広島に連れて行きたいという選手の思いもみんなあった」と語るなど、チーム全体で広島に立ち向かおうとしている様子。失うものは何もない、と言う気持ちで、持っている力の全てをぶつけてくるのは間違いありません。
 対するサンフレッチェですが、今季はずっとリハビリを続けてきた青山がいよいよ試合に戻ってきそうです。その他の選手については正直言って良く分からないのですが、出場機会に飢えている選手が起用される可能性が高いのではないでしょうか。と言うことで、私のメンバー予想は次の通り。
       廣永

   井林  荒木  水本

     松本大 青山

清水             東

    野津田   渡

       皆川

SUB:中林、吉野、野上、高橋、野津田、川辺、パトリック
 カテゴリーが下の相手と戦う天皇杯はいつも難しい試合になるものですが、それはやはり相手の勢いによって受け身になってしまうことがあるからだと思います。そのような相手を上回るためには、相手以上に厳しくボールに寄せ、また走ることが最も重要でしょう。どんなメンバーになったとしても、「城福サンフレッチェ」のサッカーを貫けるかどうか。それによって勝利できるかどうかが決まるのではないでしょうか。

|

« J1第17節鹿島戦 | トップページ | 今日の沖縄SV戦 »