« 鳥栖との練習試合 | トップページ | 紫熊倶楽部8月号 »

2019/07/17

高円宮杯PLウェスト第10節

先週末に行われた高円宮杯プレミアリーグウェストの第10節で、サンフレッチェ広島ユースは神戸U-18に逆転で敗れて5位に後退しました。広島のメンバーは、GK:平野、DF:長澤、佐藤、松本太、MF:西川、細谷、FW:影山、棚田颯(→有光67分)、鮎川、竹内、福崎。日本サッカー協会の公式サイトによると前半は広島が前からプレッシャーをかけてボールを奪いに行ったそうで、14分にCKから松本太が決めて先制しました。しかし30分と36分に続けざまにゴールを奪われて逆転を許したとのこと。その後43分に棚田颯のゴールで追いついたものの、直後に失点して2-3でハーフタイムを迎えました。後半は攻めに出た広島に対して裏を突かれるシーンが増えたそうで、後半6分にはPKのこぼれを押し込まれて失点。続いて後半9分にはクリアボールを決められて神戸のリードが3点に広がりました。しかし広島は諦めずに反撃し、14分と27分の福崎の連続ゴールで追いすがり、終盤には相手を押し込んで同点を狙ったものの叶わずそのまま逃げ切られました。第10節の全結果と順位表は次の通り。
【第10節】
広島ユース 4-5 神戸U-18
東福岡高  4-2 C大阪U-18
福岡U-18  2-2 京都U-18
愛媛U-18  1-5 名古屋U-18
大津高   2-0 G大阪ユース

         勝点 試合 勝 分 敗 得失差
1 京都U-18    19    10    6   1   3   +10
2 G大阪ユース  19    10    6   1   3    +8
3 大津高     19    10    6   1   3     0
4 名古屋U-18   17     9    5   2   2    +8
5 広島ユース   16    10    5   1   4    +7
6 神戸U-18    15    10    5   0   5    +1
7 東福岡高    15    10    5   0   5    -2
8 福岡U-18    11    10    3   2   5    -9
9 C大阪U-18    9     9    3   0   6    -6
10 愛媛U-18     3    10    1   0   9   -17

|

« 鳥栖との練習試合 | トップページ | 紫熊倶楽部8月号 »