« 天皇杯3回戦の会場とキックオフ時間 | トップページ | 鳥栖戦に向けて »

2019/07/11

ボランチのポジション争いが激化

中国新聞によると、先日行われた高知との練習試合で青山が今季初めて90分プレーしたそうで、「(痛みの)リバウンドもない。攻撃も守備ももっと状態を上げられる」と語っていたそうです。今季はこれまでボランチは川辺、松本泰のセットが最も多く起用されていますが、コパ・アメリカで松本泰がチームを離れたのをきっかけに競争が激化。C大阪戦では柴崎と吉野のセットでスタートし、後半途中から稲垣と川辺の組み合わせにして反撃するなど誰が出ても不思議ではない状態となっています。モバイルサイトによると、帰国後は天皇杯でのプレーに留まっている松本泰は「僕にはまだまだ足りないところがある」と語り「もっとがむしゃらにやっていきたい」と決意を述べていたとのこと。高いレベルのポジション争いが、チームをより強くするのは間違いありません。

|

« 天皇杯3回戦の会場とキックオフ時間 | トップページ | 鳥栖戦に向けて »