« パトリックはG大阪へ | トップページ | 中林も移籍へ »

2019/07/26

パトリックの移籍を発表

サンフレッチェとG大阪は昨日、パトリック選手の期限付き移籍を発表しました。2017年のシーズン途中にG大阪から期限付き移籍で広島入りしたパトリックは、7/30の第19節鳥栖戦に先発すると続く磐田戦では1ゴール2アシストで勝利に貢献。その後もほぼ全試合に出場し、4ゴールを挙げてJ1残留に貢献しました。そして昨年は開幕からエンジン全開で活躍し、チームの2位躍進の原動力となりました。また得点王こそ逃したものの、33試合出場20得点とJ1での自己最高成績を残しました。そして昨年末に広島に完全移籍して背番号もエースナンバーの10を付けることになったものの、今季はなかなか調子が上がらず、また戦術変更も影響して出場機会が激減。ここまでのリーグ戦の先発出場は4試合にとどまっていました。ただ6月以降は復調し、8試合に出場して5ゴールを挙げてきただけにチームとしても認めたくない気持ちは強かったと思いますが、G大阪がパトリックの違約金を超える提示をしてきたこと、そして何よりパトリック本人がガンバへの復帰を希望したことが決め手となり、認めざるを得なかったものと思われます。今回の移籍は8/1から来年1/1までの期限付き移籍ということになっていますが、これは広島との公式戦には出場できなくするため。期限付き移籍期間終了後には、G大阪に完全移籍することになります。
 ところでサンフレッチェとしてはパトリックの穴を埋めるために補強に動いているとのことですが、今朝の中国新聞によると浅野琢磨選手の獲得に乗り出しているとのこと。アーセナルに所属する浅野はハノーファーへのレンタル期間が終了し、新シーズンをどこでプレーするかが決まっていないことから、移籍金の問題がクリアできれば復帰の可能性は高そうです。

|

« パトリックはG大阪へ | トップページ | 中林も移籍へ »