« 青山とサロモンソンの状況 | トップページ | ルヴァンカップ準々決勝の相手は札幌 »

2019/07/29

中林の横浜FMへの期限付き移籍を発表

サンフレッチェは昨日、中林洋次選手が横浜FMに期限付き移籍する、と発表しました。神奈川県出身の中林は市立船橋高を出てサガン鳥栖でプロとしてのキャリアをスタートさせると、2008年のシーズン途中に広島に期限付き移籍。その翌年は下田、佐藤昭の離脱もあって正GKに定着し、4位進出に貢献しました。そして2010年に広島に完全移籍したものの、西川の加入もあって控えに回ることが多くなり2012年に岡山に完全移籍。守護神として2016年までの5年間で200試合以上に出場しました。しかし017年に広島に復帰して以降はなかなかポジションをつかめず、2年間でのリーグ戦出場は14試合。今季も大迫の台頭もあって、リーグ戦の出場は1試合にとどまっていました。横浜FMが中林にオファーしたのは飯倉の移籍によってGKの層が薄くなったからだと思われますが、中林の「小さい頃から憧れていたユニフォームに袖を通せることを嬉しく思います」と言う思いはチームの力になるはず。正GKパク・イルギュの壁は厚いと思いますが、まずはポステコグルー監督の戦術に対応するよう頑張って欲しいと思います。

|

« 青山とサロモンソンの状況 | トップページ | ルヴァンカップ準々決勝の相手は札幌 »