« 第15節湘南戦 | トップページ | ACL鹿島戦に向けて »

2019/06/16

トゥーロン国際決勝ブラジル戦

昨日トゥーロン国際大会の決勝でU-22ブラジル代表と対戦したU-22日本代表は、1-1の同点からPK戦に持ち込んだものの惜しくも敗れ、この大会初制覇を逃しました。日本のメンバーは準決勝から4人入れ替えて、GK:オビ、DF:大南、岡崎、田中駿、MF:長沼、田中碧、高、舩木(→相馬HT)、岩崎(→三苫65分)、FW:小川(→神谷80分)、旗手。対するブラジルは先発11人のうち欧州でプレーする選手を5人揃えていたそうです。日本は立ち上がりから果敢にフォアチェックをしかけて行ったそうですが、しかし徐々に押し返されると前半18分、パウリーニョのスルーパスからアントニーに決められ先制点を許しました。そしてその後は個人技を生かした攻撃に押し込まれたものの、前半39分に相手のクリアミスを拾った小川がボレーシュートを叩き込み、同点でハーフタイムを迎えました。後半も防戦一方となった日本でしたが時間が経つに従って相手の運動量が落ちて攻撃の圧力も落ちます。しかし日本も小川の負傷交代もあって攻め込む時間を作れずそのままタイムアップ。延長戦無しでのPK戦にもつれ込みました。そしてPK戦では日本が5人目の旗手が失敗したのに対してブラジルは5人全員が決めて、9回目の優勝を果たしました。

JFA公式サイト
日刊スポーツ  詳細  戦評  A代表漏れ反骨心で一致団結
サッカーダイジェスト  戦評

|

« 第15節湘南戦 | トップページ | ACL鹿島戦に向けて »