« コパ・アメリカ エクアドル戦 | トップページ | クラセンの日程 »

2019/06/27

高円宮杯PLウェスト第7節京都戦

先週末に行われた高円宮杯プレミアリーグウェストの第7節で、サンフレッチェ広島ユースは京都U-18に1-2で敗れて5位に後退。首位のG大阪ユースとの勝点差が9に広がりました。広島ユースのメンバーは、GK:平野、DF:佐藤、影山、松本太、MF:西川(→長澤77分)、土肥、竹内、光廣、FW:棚田颯、鮎川、森本(→末次56分)。モバイルサイトによると、前半は暑さのためか両チームとも慎重な戦いだった様子で、広島がボールを持つ時間が長く相手にほとんどチャンスを与えなかったものの、広島もなかなか形を作れなかったそうです。そして後半早々に京都がギアを上げてくると対応できず、後半6分には自陣でボールを奪われ細かくボールを繋がれて失点。続いて給水タイム後の後半28分にもパスを回されて追加点を奪われます。その後は棚田や鮎川がゴールに迫るシーンを作って後半35分には竹内が決めて1点差に迫り、その後も影山のクロスから決定的なシーンを作ったものの決めきれず、そのまま敗れました。第7節の全結果と順位表は次の通り。
【第7節】
広島ユース  1-2 京都U-18
大津高    2-1 東福岡高
福岡U-18   5-2 愛媛U-18
G大阪ユース 4-2 C大阪U-18
神戸U-18   2-4 名古屋U-18

         勝点 試合 勝 分 敗 得失差
1 G大阪ユース  19     7    6   1   0   +11
2 大津高     16     7    5   1   1    +1
3 京都U-18    12     7    4   0   3    +4
4 名古屋U-18   11     7    3   2   2    +1
5 広島ユース   10     7    3   1   3    +4
6 神戸U-18     9     7    3   0   4     0
6 東福岡高     9     7    3   0   4    -1
8 福岡U-18     7     7    2   1   4   -11
9 C大阪U-18    6     7    2   0   5    -3
10 愛媛U-18     3     7    1   0   6    -6

|

« コパ・アメリカ エクアドル戦 | トップページ | クラセンの日程 »