« トゥーロン国際準決勝の予定 | トップページ | 湘南戦に向けて »

2019/06/12

紫熊倶楽部7月号

先週発売の「紫熊倶楽部」7月号(Vol. 257)を紹介します。表紙と最初の記事で登場しているのは大迫選手。紅白戦すら出ることができなかった昨年の経験から、今年に入って出場機会をつかみ、そしてフル代表に選ばれるまでの姿を描いています。続く記事は、大迫選手とともに松本泰選手が選ばれたコパ・アメリカの日本代表について。そして、メルボルン戦と浦和戦でブレイクした森島選手を取り上げた「22歳の覚悟が描いた地図」と言う記事が続きます。
 モノクロページの「紫熊戦士たちの物語」は、皆川選手とハイネル選手。「READERS AREA」を挟んで、アウェイ見聞録はメルボルン・ビクトリー編です。「MATCH REPORT」は、広州恒大戦、仙台戦、鳥栖戦、メルボルン戦、浦和戦、札幌戦。サンフレッチェサポーターを紹介するコーナーでは、ホームゲームに来てくれた小さなサポーター達を紹介しています。そして最後は「SIGMA CALENDER」と「紫熊短信」となっています。
 サンフレッチェオフィシャルマガジン「紫熊倶楽部」は定価360円。ホームゲームスタジアムとV-POINTのほか、広島県内の大手書店と東京・銀座の広島県アンテナショップ「tau」等で販売中です。また通販はe-VPOINTからどうぞ。

|

« トゥーロン国際準決勝の予定 | トップページ | 湘南戦に向けて »